フリーランスデザイナーが気になったAmazonKindle書籍2019年6月版セール情報

どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。  

 

AmazonKindleでは書籍のセールを毎月行っていまして、2019年6月のセール情報からフリーランスデザイナー目線で気になった書籍を紹介したいと思います。

ちなみに技術書や写真の多いデザイン書などは紙の書籍が見やすいのでKindleで買うのはオススメしませんが、活字はKindleに移行した方が本が邪魔にならないので部屋が片付きます。

 

先日発売されたKindleのNewモデルからフロントライトが搭載されました。

防水機能が必要なければこちらのモデルで十分ですし、スマホでもKindleアプリから読めるのでまだ電子書籍体験したことない人は是非体験して欲しいです。

 

フリーランスデザイナーが気になったAmazonKindle書籍2019年6月版セール情報

いまこそ知りたいAIビジネス

何事も未来の成長分野の知識は今のうちに理解しておくことがとても大事です。

 

Kindleセール価格 829円

・「AIで仕事がなくなる」って本当?
・AIを活用するにはビッグデータが必要なの?
・AIで会社の売上を伸ばせるの?
・GDPR問題って何?
・AI時代に生き残るためには何を学べばいいの?

AIにまつわる不安や疑問も、これですっきり!
文系・IT音痴でもざっくりよくわかる、
「AIで何ができるか? 私たちの仕事はどう変わるか?」

ハーバードでMBA取得、米グーグル本社勤務を経て、
現在はシリコンバレーを拠点にAIビジネスデザイン企業を経営する
著者が教える、AIビジネスの最新事情と「あたらしい働き方」

毎日のようにAIについてのニュースが流れてきて、書店にいけば「AI時代の~」と書かれたビジネス書があふれています。にもかかわらず、AIを使えば私たちの仕事や暮らしがどのように変わるのか、その実情はよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

本書は、私たちの仕事にAIがどのようにかかわってくるかを知りたい一般ビジネスパーソンや学生の皆さん、そして、実際にAI導入を考えている経営者や事業担当者の方にむけて書かれた、いわばAIビジネスの入門書です。

具体的には、「そもそもAIとは何なのか」から、「世界の最新AIビジネスではどんなことが起きているのか」「実際に自社にAI導入を考える際にはどんなステップを踏めばよいか」「今後のAIビジネスの課題とは何か」、そして、「AI時代に求められる人材とキャリア形成のあり方」といったことまで、文系ビジネスパーソンでもわかる平易な言葉で解説していきます。

平易な入門書といっても、著者はシリコンバレーを拠点に活躍する、AIビジネスデザインカンパニーの経営者。AI技術を使って企業の課題を解決するビジネスを展開しており、紹介される事例はいずれも最新、最先端のもの。実際にAIビジネスにかかわっている方や、エンジニア、データサイエンティストにも一読の価値ありの内容です。

 

なかなか自分で決められない人のための「決める」技術

フリーランスは決断力がとても大事です。決断力がないとチャンスや機会を逃してしまうので。

 

Kindleセール価格 726円

「決められない人」と「決められる人」の違い
……それは、性格だけではありません!

決められない人 → じっくり考える
決断できる人  → 速く決める

決められない人 → 自分のことがよくわかっていない
決断できる人  → 自分の価値観を明確に持っている

決められない人 → 協力・許可でつまずく
決断できる人  → 自分一人で決められるものから決めていく

決められない人 → どんぶり勘定でしか考えない
決断できる人  → きちんと数値化して考える

「決める」とはどういうことか?
そのポイントは、
「自分の中での決める基準」「早く正しく決めるための仕組み」
を持っていること。

本書で紹介するノウハウがあれば、今まで物事をなんとなく決めていた人も、
決断に3日かかっていたのが、今日から1日で決められるようになるでしょう。
これまでより3倍速く決められるようになるわけで、
その分、これまでより3倍のことができるようになります。
3日かかったことが1日でできるようになるということは、
3週間かかったことが1週間で、3か月かかったことが1か月で、
3年かかったことが1年でできるようになるということです。
あなたの人生はどれほど充実するでしょうか?

あなたの人生は一気に加速するはずです。
これまでの人生も、これから大きく巻き返すことが可能になるのです。

本書は、実際に経営をした経験を持つ
トップコンサルタントの著者ならではの知見がつまっています。
単なるノウハウにとどまらず、その先のビジョンまでを
丁寧に導き出していきます。

 

人類の未来 AI、経済、民主主義

これからの未来を知りましょう。

 

Kindleセール価格 549円

不確実な時代を見通すための確たるビジョン!ベストセラー『知の逆転』待望の続編
トランプ政権と民主主義のゆくえは? EUの将来は? 世界経済は今後どう変わるのか? シンギュラリティとはそもそも何か? 国際情勢、AIと人間、気候問題、都市とライフスタイルの未来像……。データとファクト重視、冷徹な現状分析を旨とする大御所たちに、「都市を変えるアイディア」を実践している若き知性を加えた計5人にズバリ斬り込み、今いちばん知りたいことに明確なビジョンを示す大興奮の一冊。

1 トランプ政権と民主主義のゆくえ ─ノーム・チョムスキー
2 シンギュラリティは本当に近いのか? ─レイ・カーツワイル
3 グローバリゼーションと世界経済のゆくえ ─マーティン・ウルフ
4 都市とライフスタイルのゆくえ ─ビャルケ・インゲルス
5 気候変動モデル懐疑論 ─フリーマン・ダイソン

 

才能に頼らない文章術

文章力(ライティングスキル)が付けばメリットばかりですからね。

  • ブログやSNSを使い発信することで自己ブンラディングが出来るようになる
  • 商品の良さを伝えることでアフィリエイトが出来るようになる
  • メインの仕事以外にライター業が出来る=複数の収入源を持てるようになる

 

Kindleセール価格 778円

ここ5~6 年で、インターネットによる情報発信が爆発的に増えてきました。さまざまなWeb メディアが立ち上がってきています。また、個人での情報発信をサポートするサービスも増えてきました。古くはブログやメールマガジンを筆頭にして、最近ではnoteなど、自分で書いた文章に対して自由に価格をつけて販売するサービスなども出てきています。
Web による情報発信が当たり前になってきたことで、これまで自己流でどうにか書いてきた方々や、今まであまり文章を書く機会がなかった方にまで「書く」ことへのニーズが高まってきています。
こういった背景を受け、短期間で文章力をアップさせるための方法論をまとめたのが本書です。

私はふだん、編集スキルをもとにしたエディトリアル・コンサルタントとして、社会に貢献したい企業の社長や、コンサルタントや士業などの専門家のみなさまに向けて、確実に「伝える」ことに特化したプログラムを提供しています。
伝え方、情報の出し方を少し変えるだけで反応は劇的に変わるものです。本書は、そのプログラムから、特に文章力の向上に特化した部分を抜粋したものです。
自社のWeb サイトのリニューアルを機にコンテンツを執筆していく方や、企業のオウンドメディアの担当者、自分の提供するサービスを相手にわかりやすく伝えたい士業の方や専門家など、文章力を身につけたい方・高めたい方々に、ぜひ読んでいただければと思っております。

みなさんは、タイトルに引かれてWeb 記事の本文を読み進めてみたけれども、タイトルに対する回答がなかったのでがっかりしたことはありませんか? あるいは、記事を一通り読んでみたものの何が言いたいのかわからない、主張していることの根拠があいまいで納得感がない。
残念ながら、このような記事が急増しています。それはなぜでしょうか? それは、編集者の視点をもたないままに記事が書かれているからです。
Web 上のコンテンツが大量に増えて、文字の洪水とも言えるほど文字があふれている今こそ、編集者の力が必要になってきていると感じています。
本書では、主にWeb での情報発信を念頭におきながら、「編集者の視点をもって執筆する力」(これを本書では、「編集執筆力」と呼ぶことにします)を解説していきます。

文章力は生まれもった才能だと言われたりしますが、編集執筆力は才能ではありません。「相手がいつも使っている言葉を使う」「相手の価値観にそった言葉や表現を選ぶ」など、ポイントを押さえることで伸ばしていくことができます。
つまりこれは、誰もが身につけられるスキルなのです。本書では、編集スキルを31 の編集の文法として体系化したものを、あますところなく紹介します。そして、これらをまとめたのが「編集の文法チェックシート」です。これを活用し、相手の価値観にそって文章を組み立てていくことで、共感や信頼を得られる文章が書けるようになります。

 

教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン

AI、仮想通貨、ブロックチェーン、どう考えても全てこれから伸びる分野です。

 

Kindleセール価格 449円

テクノロジーは未来をどう変えるのか? 日本人はどう変わるべきなのか?

AIやロボットは人間の労働を奪うのか? 仮想通貨は国家をどう変えるのか? ブロックチェーンがもたらす金融・経済への影響は?
世界大学ランキング6年連続1位(*)の米国MITで、メディアラボ所長を務める伊藤穰一が語る「経済」「社会」「日本」──未来を見抜く3つの視点。
*英クアクアレリ・シモンズによる

日本は、バブル景気が終わった以降、失われた20年とも30年とも言われてきました。
そして、「平成」が終わろうとしています。
その節目において、2020年の東京オリンピックは、1つの区切りをつける良いきっかけになると考えています。
いまここで、私たちを取り巻く最新の状況を整理し、付け焼き刃ではない「そもそも論」と呼ぶべき、
本質的な議論を始めるタイミングだと僕は思っています。─「はじめに」より

[内容]
第1章「AI」は「労働」をどう変えるのか?
第2章「仮想通貨」は「国家」をどう変えるのか?
第3章「ブロックチェーン」は「資本主義」をどう変えるのか?
第4章「人間」はどう変わるか?
第5章「教育」はどう変わるか?
第6章「日本人」はどう変わるべきか?
第7章「日本」はムーブメントを起こせるのか?

 

頭のいい営業法 ちょっとした努力で結果を出せる

フリーランスは営業も己でしなければなりません。

 

Kindleセール価格 108円 Amazonプライム会員価格 0円

「才能」「根性」だけの営業本は、もういりません!

巷には“世界一のセールスマン”とか“日本で一番○○を売った営業マン”などと銘打った本があふれています。

しかし、それらの多くは著者自身の<潜在能力>に負う部分が大きく、また「これだけ頑張れば必ず売れる」といった精神論に傾くものも少なくありません。そんな“スーパーマン”の営業本が、“普通の人”にどれだけ役立つでしょうか?

“普通の営業マン”がもっとラクに、確実に売るには、頭を使わなければなりません!

「お客様を選ぶ勇気を持つ」

「小さなイエスを積み重ねる」

「クロージングであえて沈黙する」

「1週間に1日、ノー営業デーを作る」

など、本書には、アポとりから、商談、クロージングまで、あらゆる場面で役立つテクニックが満載です。

著者の竹野氏は「テレアポ職人」を名乗り、その理論的・体系的にまとめられた、効率を重視するテクニックから、テレアポ業界では、第一人者の呼び声も高い人物。そんな彼も、独立前には飛び込み営業、紹介営業など、一通りの営業を経験しています。

この本では、著者がこれまでの本で書かなかった「頭のいい営業メソッド」を公開。

本書を読んで、最小限の努力で確実に売れるテクニックを身につけましょう!

 

メイク・スペース スタンフォード大学dスクールが実践する創造性を最大化する「場」のつくり方

最近コワーキングスペースをよく利用しますが、効率よく働ける空間や環境って大事だなと感じます。

 

Kindleセール価格 1866円

遊び心に富んだグーグルのオフィスを見てもよくわかるが、創造性を発揮するには「空間」こそが重要だ。
本書は、デザイン思考を鍛える場として有名なスタンフォード大学dスクールが実践する「空間のつくり方」の手引き。
机の並べ方から座り方、コミュニティスペースやラックのつくり方まで、環境をデザインするためのすべてがわかる。
あらゆる場づくりに応用したい1冊。

 

ワーク・デザイン これからの〈働き方の設計図〉

働き方ってその時代でどんどん変わりますよね。

AIが発達して人間の仕事がなくなるとも言われていますが、逆に言うとそれはAIに任せることで人間は働かなくても良い時代が来るのではと思ったりします。

 

Kindleセール価格 648円

働き方は無限大。

組織や事業の寿命よりも、人が働く時間のほうがはるかに長くなった現代。
テクノロジーの進化と人々の価値観の変化によって、「働き方」が大きく変わりつつある。
メイカーズ、クラウドソーシング、クラウドファンディング、ソーシャルスタートアップ……
「仕事の未来」には、無限の可能性が広がっている。
あなたは、どの働き方を選びますか?

さらなる進化を遂げるテクノロジーと新たな時代の価値観が出会ったことで、
これまで考えられなかった(あり得なかった)ような働き方が可能となった。
今、私たちの目の前には、数限りない働き方が存在する。
私たちは、自らの働き方を自分で選び、実行していかなければならない。
それが、本書の言う「ワーク・デザイン」である。 ――「はじめに」より

『ワーク・シフト』では自分の仕事の未来を思い描けなかった95%の人へ

Chapter 1 >> 社会が抱える「働く」の問題点
Chapter 2 >> 21世紀の「価値観」のトレンドとは
Chapter 3 >> 「働く」の構造はこう変わる――これからの起業と事業のコンセプト
Chapter 4 >> 「パラレルキャリア」という働き方・生き方
Chapter 5 >> 人類と社会の近未来を考える

 

モノがなくても、大丈夫!

Kindleセール価格 399円

始めてよかった、シンプル生活。テレビなし、タンスなし、炊飯器なし。恋の想い出の品も、父の形見も捨てました―――。そんな「持たない暮らし」をおくる著者は、ごく普通の女性。以前は人並みにモノを持っていた彼女が、シンプルライフに至るまでの道のりを ほのぼのタッチで描くコミックエッセイ。「必要最低限のモノで暮らす、自分に優しい生活」を見つけるまでの彼女の行動はきっと何かの気づきを与えてくれるはずです。

 

「頭」が良くなる文房具

意外とアナログ人間なので文房具めっちゃ好き。

 

Kindleセール価格 599円

新しい文房具を見つけると、わくわくした子供の頃。文房具には不思議な魅力がある。最低限の機能のみを求めるならば、すべて100円ショップで買い揃えても何の問題もない。ただ、文房具の機能をフル活用し、正しく使う知識を持てば、今よりもずっと効率的かつ便利に勉強や仕事をすることができる。加えて、優れたデザインや色とりどりの文房具は私たちの生活を満たしてくれる。本書では、機能性も見た目も優れたオススメ文房具を紹介していく。

 

「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング

個性のある生き方・働き方を!

 

Kindleセール価格 108円 Amazonプライム会員価格 0円

なぜ、新進気鋭のセミナー講師は、短期間で成功を収めたのか?
その秘訣は、「スピード・ブランディング」にあったのです!

「実力のわりに、過小評価されてるよなぁ…」
「自分の名前で仕事がしたい…」

起業した人・したい人は、そんなふうに悩むもの。
起業して成功するためには、サラリーマン時代とは違った行動や考え方を必要とする場面が多くあります。
実力も経験も、人間的にも優れているのに、「その他大勢から抜け出す」方法や魅せ方を知らないため、結果、自分を安売りせざるをえない人がたくさんいます。

しかし、今の世の中は、「もの」だけでなく「自分」という個人もブランドになり、価値を高めて売っていくことができるのです。

「○○のことなら、あなたに」

本書には、○○を埋めるセルフブランディングのヒントが満載です。

たとえば…
・「三角形の法則」でブランド化を加速する
・「FTTP」でオリジナルのアイディアを生み出す
・メンターには高額セミナーで出会う
いずれも、すぐに実行に移せるものばかり。

起業したての人はもちろん、起業予備軍、一段上の仕事力をつけたい人におすすめの一冊です!

 

 

最後に

今月の僕が気になったセール書籍は11冊でした。

6月は合計134冊がセール価格になってるので気になる方はのぞいてみて下さい。

書籍のセール

 

また、月額400円のAmazonプライム会員ですとprime readingというサービスで書籍が読み放題になるのでこちらもオススメです。

書籍以外にも映画が見放題のprime videoや、音楽が聴き放題のprime musicもプライム会員のサービスに含まれているので月額たった400円で少し人生が豊かになりますよ。

 

関連記事:

・デザイナーの勉強には「AmazonFireHD10×kindle unlimited・楽天マガジン」のセットが最高です。

・kindle unlimitedや楽天マガジンなどの電子書籍でオリジナルスクラップブックを作る方法

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。