Macやデザインツール(Illustrator・Photoshop)の使い方をマンツーマンレクチャーしてみました。

どうも。

名もなきデザイナーshoji@です。

 

フリーランスになってデザインのお仕事以外で自分が出来ることないかなと考え、初心者向けにMacやデザインツール(Illustrator・Photoshop)のマンツーマンレクチャーを始めました。

始めたと言ってもまだ申し込みがあった訳ではないし、僕もどう教えれば良いかがぼんやりとしているので知り合いに無料でレクチャーしてみる事にしました。

 

Macやデザインツールの使い方をレクチャーしてみた

まず一人目は梅田茶屋町のヘアサロンRADnoelの治@osm0069です。

知り合いに美容師さんが多いですが、何故かほとんどの人がアナログ人間でパソコン詳しい人ってあまりいません。

ヘアモデルの撮影データの管理でMacを使ってる人は多いけど、今まで使い方を教えてもらう機会が無いので仕方ないですよね。

治にはMacの基本的な使い方や便利なサービス、メンテナンスの仕方とPhotoshopを教えました。

お店の中では一番パソコンに詳しいんですよー。って言ってましたが、やはり知らない事だらけで色々勉強になったと言ってくれました。

 

 

続いて2人目は治と同じ系列店のModeK’s梅田で働いている遼介@ryosuke813です。

治がレクチャーを受けているのを知って連絡を来れました。

遼介もmacを買ってみたものの使い方がよく解らないので教えてほしいとのと、PhotoshopやIllustratorが使えるようになって自分のヘアモデルのカタログとかを作れるようになりたいとの事でした。

話を聞くと電源を切らずにいつもスリープにしてたりとか、、、とりあえずMacというかパソコンの基本を教えてあげました。

またこんな感じのカタログを作りたいですと現物を持って来てたので、じゃあそれ作ってみよっか?となり、自分のヘアモデルの写真を入れて作ってみました。

数分前までPhotoshop自体起動させるのも初めてでしたが一応こんな感じ(Instagram2枚目参照)で一人で作れました。

 

教えてみた感想

遼介が作ったデザインは、普段からPhotoshopを触っていれば10分も掛からない(レイアウトを考える時間は除いて)簡単な工程ですが、初心者からしたらとても難しいですよね。

まず印刷物とwebの解像度の違いや、CMYKとRGBの事なども理解し難いと思います。

でも詳しい人が隣で教えてくれたらすぐに理解できるので効率が良いですよね。

こんな感じで、初心者の方向けに僕が知っている事を教えてあげれたらなぁなんて考えています。

ただ簡単な事でも人に教えるのは意外と難しいなぁと感じました。例えば僕からしたら当たり前の事をわからない人に説明する仕方とか、言葉で何て説明すれば良いのか困る事がありました。

この辺はもっと分かりやすく説明できるようにしないといけないですね。何事も経験です。

 

もしマンツーマンレクチャーにご興味がある方はこちらよりお申し込み下さい。

「ブログ見て申し込みました」と伝えていただければささやかですが1ドリンクサービスしますので。

 

関連記事:

Macの使い方やデザインソフト(Illustrator・Photoshop)のマンツーマンレクチャーをします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA