AirAsia(エアアジア)で行く2018ハワイ旅行2日目「エキゾチックなチャイナタウン – アートな街カカアコ」

アートカカアコ

どうも。

名もなきデザイナーshoji@です。

ハワイ2日目の朝はホテルの朝食を頂きました。パンやシリアル中心の簡単なビュフェ形式の朝食です。

用意を済ませて出発です。本日はチャイナタウンとカカアコエリアの散策に向かいます。

 

ワイキキからバスでチャイナタウンへ

まずワイキキからチャイナタウンへはバスで向かいます。

クヒオ通りの北側(山側)のバス停から2.13.19.20どれかのバスに乗ってください。降りるバス停はいくつかあるので風景がチャイナタウンぽい街並みになって来たら適当に降りましょう。

 

ハワイでのバスの乗り方

バス停には黄色い看板が立っていて、行き先の番号が書いてあります。また、反対車線にも同じ番号が書かれたバス停があるので、行きたい地域の進行方向のバスに乗るよう間違えないでください。

看板はこんな感じです。

バスが来たら前の扉から乗車してください。ハワイのバスはどこまで乗っても片道2ドル75セントです。お釣りは出ないので丁度用意してから乗りましょう。また1日乗り放題の1-DAYパスも5ドル50セントで売っています。

1-DAYパスを買いたい場合は「ワンデーパスプリーズ」と運転手に伝えてから金額を支払ってください。すると紙のチケットを貰えます。このチケットでどの路線でも乗り放題なので無くさないように保管してください。

 

バスの行き先は電光掲示板に表示されるのと英語でアナウンスされます。もし降りたい駅が決まっている場合は注意して確認するようにしてください。電光掲示板の表示は一度だけです。

 

降りるときはSTOPボタンを押すか、窓側に付いているワイヤーを引っ張るという方法です。

 

次のバス停で止まる時は電光掲示板にSTOP REQUESTEDと表示されます。

 

扉は自動で開かない場合があるので自ら押し開けてください。

 

チャイナタウンエリア

で、チャイナタウンに向かうバスの中でめちゃめちゃ喋りかけてくるおっさんがいました。松崎しげるばりに真っ黒に日焼けして左腕にはタトゥー全開のおっさん。英語でひたすら話しかけてくるので、全部は理解できませんでしたがどうやら観光名所の説明をしてくれているみたいでした。どこで降りるのかと聞かれチャイナタウンと伝えるとそのおっさんもチャイナタウンに行くとの事。バスを降りてからも俺に付いて来いと案内し始めます。

 

しかし、なんか変やなぁと思い始めます。親切やけど頼んでもいないのに何処に連れて行くつもりやろ?怪しすぎる・・・。

無理やり観光案内をしてチップをねだってくる奴がいると何かで見た事があったので、この人絶対それやん!と嫁と意見が一致。「おっさんを放って逃げよか?」と話しながら、「何処に向かってるん?」と聞くと「日本人が多い場所だよ!」という返事。

しかしチャイナタウンなので周りは中国人しかいません。もうええわ行こう!としたその時「着いたよー」と笑顔のおっさん。

鳥居どーん。

 

IZUMO TAISHA、、、イズモタイシャ?なんで???

きょとんとしていると、おっさんはバーイと言いながら笑顔で去って行きました。普通にいい奴でした。笑

IZUMOTAISHAには全く興味は無かったですが、せっかく連れて来てもらったのでこの旅行の安全を祈願しにお参りして行きました。

 

ハワイっぽい絵馬があります。

さて、気を取り直してチャイナタウンに戻ります。

昼食を食べる為にチャイナタウン目的の飲茶のお店に入ります。

LEGEND SEAFOOD RESTAURANT(レジェンドシーフードレストラン)

 

昼時で店内はかなり混み合っています。中国系と日本人ばかりで現地の人は見かけませんでした。

 

席に座っていると飲茶を説明しながら各テーブルにワゴンで運んでくるので欲しいのを選びます。

 

ワゴンで運ばれて来る以外にもメニューから注文する事も可能です。味は最高!全部美味しかったです。ハワイで中華が食べたくなったら行ってみてください。

「LEGEND SEAFOOD RESTAURANT」食べログはこちら

チャイナタウンを街ブラしてみましょう。

レトロで情緒溢れる建物が並びひと昔前の時代に戻ったみたいです。

 

途中、新鮮なフルーツをその場でスムージーにしてくれるお店で一休み。

Summer Frappe(サマーフラッペ)

冷たくて美味しいです。ただ量が多い!二人で丁度でした。

 

チャイナタウンを後にしカカアコエリアに向かいます。

 

チャイナタウンからバスでカカアコへ

40のバスで東に向かい、地図アプリを片手に近い所で降り歩いてカカアコの壁画エリアへ。40の他にも19.20.42のバスでも近くに向かう事ができます。

 

アートな壁画の街カカアコエリア

今日のメインの目的地はアートな街カカアコの散策です。

カカアコエリアとは元々倉庫街だったのですが、街の地域活性化の為に世界中のアーティストが集まり巨大な絵が描かれた壁画が沢山あるフォトジェニックな街に変化したという街です。

毎年2月に行われる「Pow Wow Hawaii」というイベントで壁画が書き換えられるので、一度行った事がある人でも別の年に行くとまた違ったウォールアートを楽しめます。

 

この地図の辺りの路地何処を通っても壁画が沢山あるので、全部見たい方は隅々まで回ってみて下さい。僕は全部回り切れていませんが載せてる写真の3倍位は他にもあります。

カカアコの散策を終えて夕食に向かいます。

 

Highway Inn(ハイウェイイン)

夕食はカカアコエリアでハワイの郷土料理が食べられるお店に行きました。

 

僕は郷土料理を頼み、嫁は無難にロコモコを頼みます。

左上から「魚の味がするトマト」「ふかし芋」「ココナッツミルクゼリー」

左下から「ビーフシチュー」「紫色のやつ」

ハッキリ言うと郷土料理のお味はあまり美味しくありませんでした。特に右下の紫色のやつがめちゃくちゃ不味い。粘り気のある酸っぱいヨーグルトって感じです。

途中店員さんが砂糖を入れて食べると良いよって教えてくれたので砂糖を入れてみましたが、、変わらず不味い!料理を残すのは好きではありませんが、紫色のやつはどうしても全部食べられませんでした。

ちなみに奥さんが頼んだロコモコはめちゃくちゃ美味かったです。

 

「Highway Inn」食べログはこちら

 

カカアコからバスでワイキキへ

夕食も済ませホテルのあるワイキキへ戻ります。

このあたりからワイキキへは19番のバスに乗れば13分ほどで到着します。

ワイキキへのバスに乗るとまさかの事態が起こりました。なんと昼間のおっさんが偶然乗っていたのです。笑

ちなみにおっさんの名前はローウェルらしいです。

ただ、昼間の感じとは全く違い、僕が名前を聞いて答える以外ローウェルは一言も喋りませんでした。何だったんでしょうか??

 

ハワイ3日目へ

 

合わせて読みたい

【海外旅行保険に無料で加入しよう】お得なクレジットカードのご紹介

【ハワイ旅行にあると便利】JCBカードと楽天カードで優待特典やラウンジを使いこなそう

国内・海外旅行のオプショナルツアー「VELTRA(ベルトラ)」と「Airbnb(エアビーアンドビー)」のご紹介

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

・詳しいプロフィールはこちら
現在デザイナーからエンジニアを経てフリーランスに向けて準備中のアラサー男子。
海外フェスを回りながら仕事が出来るようなライフスタイルを目指しています。

趣味 : 音楽・一人旅・バイク
海外渡航歴 : スペイン・イタリア・ハワイ・マレーシア・シンガポール・タイ・韓国・台湾・香港