Parallels Desktop起動時に「お使いのMacのオペレーティングシステムで〜」というエラーメッセージが表示される場合の対処法について




どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

 

MacでWindowsを起動させる事が出来る「Parallels Desktop」

先日起動させようとするとこのようなエラーが表示されました。

「お使いのMacのオペレーティングシステムで必要な一部のコンポーネントが見当たらないため、Parallels Desktopをスタートできません。」

 

調べた所、このエラーはMacのOSとParallels Desktopのバージョンが対応していないのが理由で、現在の最新OSのBig Surで使うにはParallels Desktopも最新バージョンにする必要があります。

Parallels Desktopのバージョンが15だったので最新の16にアップデートしてみました。

 

Parallels Desktopのバージョンをアップデートする手順

まずは先程のエラーダイアログ内の「解決策を確認する」をクリック。

 

移行したページの下部にある「Parallels Desktop 16 for Mac」をクリックして、バージョンが16のParallels Desktopをインストールして下さい。

 

インストールした「Parallels Desktop16」を起動させて、以前のバージョンのParallels Desktop購入時のアクティベーションキーを入力し「アクティベート」をクリック。

 

「Parallels Desktop16」用のアクティベーションキーを求められるので「アップグレード」をクリック。

 

移行したページで「通常版のアップグレード」を選択し「今すぐ購入」をクリック。

※前バージョンを購入している人であれば少し安い「アップグレード」を選べるのはありがたいですね。

 

ちなみに期間限定でセールをしていて25%OFFで購入出来ました。

必要項目とクレジットカード情報などを入力して「次へ」をクリック。

 

注文が確定すると「Parallels Desktop16」のアクティベーションキーが表示されるのでコピーします。

※間違えてブラウザを閉じてしまってもメール宛にもアクティベーションキーは届きます。

 

アクティベーションキー入力画面に戻って、新しいアクティベーションキーを入力します。

 

Macを再起動してからParallels Desktopを起動させてみると、問題なく起動しました。

 

まとめ

「お使いのMacのオペレーティングシステムで必要な一部のコンポーネントが見当たらないため、Parallels Desktopをスタートできません。」

というエラー表示がされた場合、Parallels Desktopを最新バージョンにアップデートすれば解決します。

MacのOSがBig Surから次のOSへ変更されるとParallels Desktop17を購入する必要があるはずなので、忘れずに覚えておいて下さいね。

 

関連記事:

・Web制作の基礎を理解してから「動きのあるサイト」や「高度なテクニック」を使ったクオリティーの高いサイト制作を勉強する方法

・MacでWeb制作しているデザイナー向け!Mac1台でWindows版Chrome・Firefox・IE・Edgeなどのブラウザチェックが出来る便利ソフト「Parallels Desktop – パラレルデスクトップ」

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA