【海外旅行者必見】余った海外紙幣や小銭を電子マネーやギフト券に簡単交換「POCKETCHANGE – ポケットチェンジ」

ポケットチェンジ

どうも。

名もなきデザイナーshoji@です。

海外旅行に行くときっちりと外貨を使いきるのって難しいですよね。

またその国に行く予定があれば日本円に変えずに持っておくのも良いと思いますが、置き場所も邪魔ですし最悪失くす事も考えられます。僕は1年以内に行く事が無ければとりあえず日本円に交換します。

日本円に交換するには銀行や金券ショップで手続きをしますが、書類を書いたりサインしたりと何かと面倒臭いです。

そんな時には端末を使って外貨を電子マネーやギフト券に交換できる「POCKETCHANGE – ポケットチェンジ」というサービスがとても便利です。

 

海外旅行で余った外貨(紙幣・硬貨)を電子マネーやギフトコード、ポイントに交換出来るポケットチェンジとは

まずはこちらの紹介動画をご覧ください。

 

こんな感じで端末を使って簡単に外貨を電子マネーやギフト券に交換出来るサービスです。

また、交換先は日本だけでなく他国で展開しているサービスにも対応し、ユニセフへの寄付なんかも選べます。

 

交換先一覧

現時点(2018/1/24)の交換先サービスです。

※画像は公式サイトより引用

日本では、下記の6つの交換先が対応しています。

  • 楽天edy
  • iTunes
  • LINEギフトコード
  • amazonギフト券
  • WAON
  • ecoPayz

 

対応通貨一覧

現時点(2018/1/24)の対応通貨です。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 中国元
  • 韓国ウォン
  • 日本円

今後増えて行く事が予想されますが、現在はこの5つの通貨が対応しています。

 

ポケットチェンジを実際に使ってみました。

大阪心斎橋大丸南館に置いてある端末でアメリカドルをamazonギフトに交換してみました。

心斎橋筋側の大丸南館に入り口があります。

 

入り口でさくらパンダちゃんがお出迎えしてくれます。

 

2階にポケットチェンジの端末があります。

 

スタートする前にレートを確認してみましょう。

 

2018/1/24のレートはこんな感じでした。確認してからスタートを選択します。

 

まずは左の項目から日本を選択します。続いて交換先のサービスを選択。今回はamazonギフトを選択します。

 

最初に小銭から入れます。トレーが開くので小銭を投入して下さい。

 

ジャラジャラ。

 

次に紙幣です。

 

紙幣は折れていると戻ってくるので、綺麗にシワを伸ばして入れて下さい。

 

全て入れると合計金額の確認画面が表示されます。

 

6.58ドル=635円分のamazonギフトのようです。

※確定の横にクーポンをお持ちの方との表示がありますよね。後で知ったのですが交換を完了する際発行されるレシートに、次回交換時に使えるレートが良くなるクーポン番号が表記されています。なので面倒でなければ先に小銭を少し交換してレシートを貰いそのクーポンを使って残り全額を交換するとお得です。

 

レシートが出てきます。

 

このレシートにamazonギフトへ交換する番号が記載されています。

 

早速amazonのアプリで登録してみましょう。

 

無事登録完了しました。

ポケットチェンジ使ってみた感想

使ってみた感想はとても簡単でスピーディーに交換が出来て便利だなと感じました。書類の記入やサインをする必要もなく、端末を操作してamazonへの登録まで5分ほどでした。また1円単位まで登録できるのも無駄が無く良いですね。面倒くさがりの人にはとてもオススメのサービスです。

ちなみに端末は下記の主要空港にも置いてあるので、地方の方でも帰国後直ぐに交換する事が可能です。

  • 羽田空港
  • 西国際空港
  • 中部国際空港
  • 新千歳空港

 

海外に良く行かれる方は是非一度使ってみて下さいね。

ポケットチェンジ公式サイトはこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

・詳しいプロフィールはこちら
現在デザイナーからエンジニアを経てフリーランスに向けて準備中のアラサー男子。
海外フェスを回りながら仕事が出来るようなライフスタイルを目指しています。

趣味 : 音楽・一人旅・バイク
海外渡航歴 : スペイン・イタリア・ハワイ・マレーシア・シンガポール・タイ・韓国・台湾・香港