【海外旅行保険に無料で加入しよう】お得なクレジットカードのご紹介

海外保険

どうも。

名もなきデザイナーshoji@です。

海外旅行に行くのって何かと不安ですよね?

例えば向こうで病気にかかったり事故に遭って怪我しまうんじゃないかとか、盗難に遭ったらどうしようとか、買ったものが移動中に壊れたらとか。。

こんな時に便利なのが海外旅行保険です。加入しておくだけで万が一何かあった際とても役に立ちます。通常の加入方法はツアーであればオプションで申し込んだり、自分でネットや空港の保険会社に申し込む必要がありますが、無料で保険に加入出来るお得な方法があります。

 

無料で保険に加入できるクレジットカード付帯の海外旅行保険

意外と知られていないのですが、年会費無料で海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがあります。

ただ気をつけて欲しいのは、所有しているだけで保険が適用される自動付帯カードと、そのカードで旅行代を支払わないと適用されない利用付帯カードの2種類があるので注意が必要です。海外保険が付いているカードを持っているからと安心していても航空券やホテルの支払いに使わなければ保険が適用されないのです。自分が所有している海外保険付帯のカードがあれば一度確認してみましょう!

 

年会費無料の海外保険付帯カード一覧

年会費が無料(※一部条件あり)で海外保険が付帯しているクレジットカードをまとめてみました。

自動付帯カード

・エスポカード

申し込みはこちら

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 

・JCB EITカード

申し込みはこちら

JCBカードにはハワイでの無料ラウンジ利用や各種優待特典が付いているのでハワイ旅行の際には必須のカードです。

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2000万円
傷害治療費用100万円(1事故の限度額)
疾病治療費用100万円(1疾病の限度額)
賠償責任2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行の限度額)・100万円(保険期間中の限度額)

 

・三井住友VISAクラシックカードA

申し込みはこちら

※補償額の低いクラシックカードがあるので注意してください。クラシックカードAの申し込みです。

※「マイ・ペイすリボ」への登録+クレジットカードお買物利用で翌年度以降も年会費が無料です。

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2000万円(自動付帯は300万円)
傷害治療費用100万円(1事故の限度額)
疾病治療費用100万円(1疾病の限度額)
賠償責任2500万円(1事故の限度額)
救援者費用150万円
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行の限度額)

 

利用付帯カード

・楽天カード

申し込みはこちら

楽天カードにはハワイでの無料ラウンジ利用や各種優待特典が付いているのでハワイ旅行の際には必須のカードです。

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2000万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用200万円(1疾病の限度額)
賠償責任2000万円(1事故の限度額)
救援者費用200万円(年間限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(年間限度額)

 

クレジットカードは一枚だけ作るよりも複数枚持つ方がお得

カードの補償額は手持ちのカード枚数により補償額を合算(障害死亡・後遺障害以外)する事が可能です。上記で紹介したカードのどれか一枚だけを作るのではなくて全て作った方がお得です。申し込みは少し面倒ですが発行手数料や年会費も無料なので全て発行しておきましょう。

自動付帯のエスポカード・JCB EITカード・三井住友VISAクラシックカードAを所有しつつ、利用付帯の楽天カードで旅行代金を支払えば完璧です。

またクレジットカード付帯の保険は所有者のみの適用なので同行者がいる場合は全員分の発行をオススメします。一緒に旅行に行かれる家族や友人にも教えてあげてくださいね。

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険の注意点

カード付帯の保険には「疾病死亡」「緊急歯科治療費用」の補償が付いていません。つまり病気による死亡や歯科治療には保険金が出ないという注意点があります。

その辺も心配な方は海外旅行保険のAIUで販売型の保険を申し込んでおけばカバーでき安心です。

AIUの海外保険には、疾病死亡と緊急歯科治療費用以外にも下記のような様々な特約がセットになっているので検討してみてください。

  • 傷害死亡
  • 傷害後遺障害
  • 治療・救援費用
  • 疾病応急治療・救援費用
  • 個人賠償責任
  • 携行品損害
  • 旅行事故緊急費用
  • 航空機寄託手荷物遅延
  • 航空機遅延費用
  • 個人賠償責任
  • 生活用動産
  • 緊急一時帰国費用

 

まとめ

お金を払って保険を掛けても、事故や怪我がなく帰国する事の方が多いです。であればクレジットカードに付帯している無料の海外旅行保険で十分では無いでしょうか?保険代に掛けるお金を現地でのお土産代や食事代に充てて旅を楽しみましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA