MMCXイヤフォンをワイヤレスに変換できる高音質ヘッドホンアンプ搭載Bluetoothケーブル「SHURE(シュア)RMCE-BT2」レビュー


どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

 

先日紹介した、「SHURE(シュア)SE215」をしばらく使ってみて気になったこと。

有線コードすげー邪魔です。

低価格なイヤフォンからのステップアップに最適な高音質モニターイヤフォン「SHURE(シュア)SE215」レビュー

 

音質はかなり良いのですが、無線イヤフォンにに慣れていたのでコードがすごく気になります。

そこでSE215を無線イヤフォンとして使える、SHURE(シュア)RMCE-BT2を購入しました。

 

SHURE(シュア)RMCE-BT2とは?

SE215などのMMCXイヤフォンを無線にしてくれるBluetoothケーブルです。

ちなみにMMCXイヤフォンとは、イヤフォン本体とコードが別々になっているイヤフォンのことです。

有線コードのイヤフォンは、断線してしまうとイヤフォンごと買い換えなければいけませんが、MMCXイヤフォンだとコードを買い換えるだけで済むのでお気に入りのイヤフォンを長く使えるというメリットがあります。

経済的にも良いですよね。

RMCE-BT2はSHURE以外のMMCXイヤフォンにも対応しているので、今使っているイヤフォンを無線にしたいなと思っている人に最適なガジェットです。

 

SHURE(シュア)RMCE-BT2の外観

SHURE(シュア)SE215と接続した場合の全体像です。

 

アンプ部分。このアンプのおかげで無線ながら高音質が再現できるんですね。

 

裏はマイクが付いているので、音楽を聴いている途中でも通話が可能です。

襟などにクリップを付けなくても特にぶらぶらする感じはなく気になりません。

 

コントローラーで音量調整と再生/停止の切り替えが可能です。

 

MMCXイヤフォンとの接続部分はカチッとかなりしっかりしているので勝手に外れることはありません。

SHURE以外のMMCXイヤフォンも使えます。

 

SHURE(シュア)RMCE-BT2しばらく使ってみた感想など

音質

有線に比べて無線のほうが確実に音質は悪くなるんですが、ほぼ違いが分かりません。

イヤフォンの専門家であれば分かるかもしれませんが、一般人で違いが分かる人はいないんじゃないかなと思います。

 

接続性

前使っていた安い無線イヤフォンだと、人混みであれば干渉してプツプツ切れてしまいとてもストレスを感じていました。

しかしRMCE-BT2を梅田や難波など人混みの中で使っても、途切れることなく快適でした。

それだけ電波の品質が良いということですね。

 

フィット感

耳に沿った形状なので長時間使用しても痛くなりません。まだ聞きたいのに痛いから聴くのを辞めるということがなくなりました。

コードレスなので有線で感じていたストレスもなくなり本当に良いこと尽くしです。

 

他のブランドにも対応

SHURE以外のMMCXイヤフォンにも対応しています。

おそらく他ブランドでこういうコンセプトのコードは発売されていないはずなので、MMCXイヤフォンを無線にしたい場合、SHURE(シュア)RMCE-BT2一択かと思います。

 

金額が少し高い

デメリットを挙げるとすれば少し価格が高いことですかね。

コードだけで2万円弱するので、これにイヤフォン本体を合わせると3万円ちょいは掛かります。

 

まとめ

有線コードの煩わしさはなくなるし、音質も有線と同じくらいクリアのままなのでめちゃくちゃオススメです。

買ってみてもし微妙だったとしてもメルカリなどでほぼ定価で売れるので、気になる人は一度使ってみて欲しいケーブルですね。

 

関連記事:

低価格なイヤフォンからのステップアップに最適な高音質モニターイヤフォン「SHURE(シュア)SE215」レビュー

【スマホ無しでGPS・Bluetooth音楽再生対応】ランニングに最適な格安スマートウォッチ「Shadow – Ticwatch E」購入レビュー

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。