低価格なイヤフォンからのステップアップに最適な高音質モニターイヤフォン「SHURE(シュア)SE215」レビュー

どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。  

 

僕は音楽が好きで自宅でも外出先でも毎日聴いていますが、今までイヤフォンに特にこだわりがありませんでした。

今まではAmazonで売っている低価格なBluetoothイヤフォンが壊れては買いを繰り返していたんですけど、いい歳だしちょっと高めのイヤフォンを買ってみようと思いSHUREというブランドのイヤフォンを買ってみた所めちゃくちゃ良かったのでレビューしたいと思います。

 

今までイヤフォンにこだわらなかった理由

今までイヤフォンにこだわらなかったのは、Amazonで売っている低価格なBluetoothイヤフォンの音質で十分だと思っていたからです。

まぁそれは単に他のイヤフォンと聴き比べをしたことがなかっただけなんですけどね。

しかし今まで使っていたイヤフォンを洗濯物と共に水没させて壊れたのを機に、少し高めのイヤフォンを試してみようと思いSHURE(シュア)SE215というイヤフォンに買い替えました。

 

高遮音性モニターイヤフォンSHURE(シュア)SE215とは?

1925年に創業されたアメリカの音響機器ブランドSHURE(シュア)が販売するイヤフォンです。

ダイナミック型MicroDriver搭載で、温かみのあるディテールサウンドを再現するShureイヤホンのエントリーモデル。

SE215の迫力あふれるクリアなサウンドなら、 通勤時間は「コンサート」、エクササイズは「新しい音楽の発見」に早変わり。どこにいても、思う存分音楽を満喫できます。 本格リスニングを楽しむなら、SE215で決まりです。

公式サイトより引用

 

エントリーモデルながらイヤフォンに詳しいライターさん達にも高評価されています。

フリーランスライター 山田祥平氏

SHUREのイヤホンのローエンド製品でありながら、着脱可能なケーブル、そして、耳のカーブの形状を記憶してケーブルを確実にフィットさせるワイヤフォームフィットの採用といい、ハイエンド製品と同様の装備を持つのはうれしい。音創りの傾向は「ふくよか」といった印象で、刺激的な騒音感は皆無だ。

カジュアルにデジタルオーディオプレーヤーで音楽を楽しむ場合は、多ドライバで音響特性を限界まで研ぎ澄ましたイヤホンを使うのもいいが、こうしたシングルドライバーの工夫されたバランス感を味わう楽しさも捨てがたい。そういう意味では愛用のイヤホンをできるだけ予算をしぼってグレードアップしたいと考えている方には最適だ。

ローエンドとはいっても栄えあるSHUREイヤホンファミリーの一員だ。装着にも伝統のSHUREがけを求められる。いわゆるSHUREがけと呼ばれるケーブルを耳の上から後ろにまわす装着方法だ。左右のユニットは厳格にそう設計されている。

ワイヤーフォームフィットのおかげで装着時の安定感もいい。安くてもSHUREはちゃんとSHUREなんだという所有感が味わえるコストパフォーマンスの高い製品だ。

公式サイトより引用

 

AV機器ジャーナリスト 小寺信良氏

Shureのイヤホンと言えば、バランスド・アーマチュア(BA)のEシリーズで一世を風靡した感があるが、実はダイナミック型もBAとは違った傾向でいい音がして、結構狙い目だ。過去E2cも人気モデルだったし、09年に出たSE115も、低域重視派にとってはなかなか好きな音だった。

今回リリースされたSE215も価格はかなり安いが、エンクロージャーの形は上位モデルと同じエルゴノミクスデザインで、装着方法も同じだ。それでいてダイナミック型の個性を生かしつつ、安定して聴ける音になっている。

個人的にはSE215で電車移動中に音楽も聞くが、ビデオ収録やUstream中継時のモニターとしてもよく使っている。派手ではなく標準的なダイナミック型の音がするところが気に入っているポイントだが、遮音性が高く、現場からの直接音が少ししか入ってこない(まったく入ってこないのもまた困る)のもいい感じだ。

ケーブルも丈夫だし、「Shureがけ」していればケーブルが体にフィットするので、何かに引っかかって抜けることも少ない。なにせ現場はとにかく人の出入りも含めてガチャガチャしているので、ちょっとしたものにケーブルが引っかかって抜けてしまったり、ひどいときには断線したりする。SE215は上位モデルと同じくドライブユニットとケーブルが外せるので、断線したら交換できるのもメリットの一つだ。幸いにしてまだそのような目には遭っていないが。

公式サイトより引用

 

フリーランスライター 藤本健氏

先日発表されたインナーイヤーのSHURE SE215。電車に乗る際のiPod用として最近愛用しています。これまでもSHUREのインナーイヤー型はいくつか使ってきましたし、全般的に非常に解像度が高いという印象がありました。

今回のSE215はSE535ほどの解像度ではないものの、クセがなく聴き心地がいいのがポイント。それでいて、脱着式のケーブルで360度クルクル回せる使い勝手の良さはSE535やSE315などとまったく同じであるのもSE215の大きな特徴です。

私自身は、いわゆるSHURE巻きといわれる耳にケーブルを巻いての装着はほとんどしていないのですが、そうすることで動き回りながらもしっかり固定できるというのはよさそうです。ライブで演奏する際のモニターヘッドフォンとしても非常に使いやすいのではないでしょうか。

個人的にはバランスド・アーマチュア型よりもモニタースピーカーに感じが似ていて自然な音のダイナミック型が好みなため、SE215の音はとても気に入っています。遮音性も優れているから大音量にしても音漏れの心配がいらないのも嬉しいところです。

公式サイトより引用

 

オーディオ&ビジュアルライター 野村ケンジ氏

SHUREのカナル型ヘッドホンといえば「バランスド・アーマチュア型」ドライバーのイメージが強いかもしれないが、ことエントリークラスにおいては、いまや往年の名品と呼べるE2Cをはじめ「ダイナミック型」ドライバー採用モデルがなかなかいい味を出していることも忘れてはならない。そして、その最新モデルがこの「SE215」である。
あえてダイナミック型にこだわり、しかも先代に対して振動板口径を小さくしていた意図は明白。よりSHUREらしいサウンドを発揮するためだ。

それは一聴すれば分かる。高域から低域まで歪みなくストレートな音や、低域や高域に妙な強調感のないバランスの良さは、最上位モデルであるSE535にも共通するキャラクター。解像度感の高さや高域方向への伸びやかさではさすがに差が出てくるものの、細やかなニュアンスもしっかり伝わってくるし、空間的な音の広がりも自然。最低域は伸びこそある程度であきらめているが、質感が良くボリュームも適切なので、フォーカス感がとても高い。こと解像度に関しては、SE535が超絶過ぎるだけで、SE215もかなりの優秀さを誇っている。

そして何よりも、モニター系のサウンドでありながら、モニター系にはない聴きやすさが素晴らしい。モニター系といえば、一般的には音の詳細はよく見えるが長時間聴き続けるには少々高域が鋭すぎる、というイメージがある。しかしSE215では、そういった高域頼りのチューニングを回避しつつも、音のクリアさや細やかさは見事に体現しているのだ。

まさにこれこそSHUREらしいといえるサウンドだし、僕がSHUREを使い続けている理由のひとつでもある。この音の実現に、バランスド・アーマチュア型、ダイナミック型というドライバー形式の違いは全く関係ない。素直に、1万円以下のプライスタグでこの音が手に入ることを喜びたい。

公式サイトより引用

 

こういった専門家のレビューを参考にしつつも、1番大きな決め手はSHURE(シュア)のモニターイヤフォンをミュージシャンが利用しているから。

要するにカッコいいからです。デザイナーは見た目大事ですからね!

Radioheadのトムヨーク。

 

Bring Me The Horizonのオリヴァー。

 

Linkin Parkのチェスター。

 

こういう感じで耳の上からコードを沿わして装着するのを通称「SHUREがけ」と言うらしいです。

※多分合ってると思うんですけど、紹介した3人のボーカルが実際に付けているイヤフォンがSHUREじゃなかったらゴメンナサイ。笑

 

SHURE(シュア)SE215を使ってみた感想

1ヶ月ほど使ってみた感想は、まじではよ買っとけば良かった!です。笑

 

音質がとても良い

まず音質が全く違います。よくイヤフォンやヘッドフォンのレビューで「音の解像度が〜」とか見かけますよね。

今までは音の解像度ってなんやねん。笑

と思っていましたが、解像度ってあるんですよ!今まで気づかなかった音の解像度が!

今までのイヤフォンの方が低音は効いていますが音が全体的にめちゃくちゃこもっているんです。

全然音がクリアじゃないんですよね!Amazonの低価格Bluetoothイヤフォンの音で十分だと思っていた自分が恥ずかしいです。

わかりやすく言うとDVDからBlu-rayくらい違います。

 

つけ心地がとても良い

雑音が入りにくく遮音性が抜群なのも音質が良いと感じる要因でしょう。

イヤーピースは耳栓のような低反発素材なので、ぎゅっと潰してから耳の穴に入れるとしっかりフィットしてつけ心地がとても良いです。

通常はこの状態ですが。

 

潰すとこうなってゆっくり元の形に戻ります。

元に戻る間に耳の穴に入れれば、その人の穴に沿った形になるのでフィットするんですね。

 

デザインがとても良い

アーティストが使っているだけあってデザインが良いです。

SHUREがけした時の見た目もカッコいいのでまるでトムヨークになった気分になれちゃいます。笑

 

 

一応イマイチな所も挙げておきましょうか。

有線接続のコードが邪魔

ここ何年かBluetoothイヤフォンを使っていたのでコードが気になります。

別売りでSHUREのイヤフォンを無線にしてくれるコードがあるので、もし購入したらレビューしたいと思います。

 

ロゴが剥げるらしい

イヤフォン側面のロゴは印字なので使っているうちに剥げるみたいです。

その分少しでもコストを減らし、価格に反映しているのでしょうが気になる人は気になるんじゃないかと思います。

僕は全く気になりませんが。

 

まとめ

僕のように安いイヤフォンしか使ったことがなくて、少し良いイヤフォンを探している人にはSE215はピッタリです。

価格もそこまで高くなく、安いイヤフォンとは比べ物にならない位高音質になるので本当にオススメですよ。このイヤフォンのおかげで外出先で聴く音楽がさらに楽しみになりました。

都会住まいの人でSE215が気になる方はヨドバシやビックカメラなどの大きい量販店で試してみて下さいね。

 

関連記事:

【スマホ無しでGPS・Bluetooth音楽再生対応】ランニングに最適な格安スマートウォッチ「Shadow – Ticwatch E」購入レビュー

【ClockenFlap2017フェスレポート】日本から行く初めての一人香港海外フェス「クロッケンフラップ2泊3日の旅 – DAY1」

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。