【フリーランス向け】開業届を出したら事業用に開設したい屋号付き銀行口座(ネットバンク)のご紹介


どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

 

フリーランスとして働き始めたら新たに屋号付き銀行口座(ネットバンク)の開設を検討しましょう!

今まで会社からの給料を振り込んでいる口座をそのまま使う方も多いですがプライベートと事業用で分けた方が便利だからです。

新たに銀行口座を開設するのはネットバンクが良いので、その理由と実際に開設したオススメの銀行(ネットバンク)を紹介します。

 

この記事でわかること

  • フリーランスが事業用に新たに銀行口座(ネットバンク)を開設する理由
  • オススメのネットバンク銀行

 

 

【フリーランス向け】開業届を出したら事業用に開設したい屋号付き銀行口座(ネットバンク)のご紹介

事業用に新たに銀行口座(ネットバンク)を開設するメリット

事業用に新たに口座を開設するのが良い理由やメリットの説明です。

1.屋号付き銀行口座を作れる。

今持っている口座ですと個人名義の口座だと思いますが、新たに銀行口座を開設する際は屋号付きの銀行口座(屋号がある場合)がオススメです。

屋号で銀行の審査が通ったということなので個人名の口座よりも信頼度が増す効果があるからです。

 

2.支出の管理が簡単に出来る。

事業用の出入金をプライベート用の口座と同じにしているとお金の流れが把握できません。

事業用の経費や売上の振り込みなどの出入金は事業専用の口座に集約させることでお金の管理が簡単にできます。

 

3.確定申告の処理がスムーズになる。

こちらも2と同じ理由ですがフリーランスになると確定申告をしなければいけません。

その時に事業で使った1年間のお金の流れが分かれていないとマジで面倒です。

プライベートと事業の1年分の出入金を一つ一つチェックして分けるのを想像するとゾッとしませんか。笑

 

4.ネットバンクで各種手数料を抑えられる

フリーランスで働くと会社勤めよりも振り込みによる支出が多くなります。

クレジットで決済できない場合は銀行振り込みになりますが、なるべく手数料を安く抑えるためにネットバンクを活用するのが良いです。

振り込み手数料も重なると大きい額になりますから少しでも節約したい部分です。

 

5.自宅からネットで申し込める

メガバンクのように銀行に行って待ってという無駄な時間を使う必要はなく、自宅から簡単にネットで申し込めます。

銀行に行く無駄な時間を別の時間に当てましょう。

 

 

メリットはこんな感じですかね。逆にデメリットはありません。

口座維持費が掛かることもないので口座を開設することによって発生する問題はないです。

 

事業用に開設したいオススメの銀行口座(ネットバンク)のご紹介

続いて僕が実際に開設したオススメの銀行口座(ネットバンク)を紹介したいと思います。

ネットバンクはいくつかありますが作りすぎても必要ありませんよね。

今回は下記2つの基準をクリアしたオススメの銀行口座(ネットバンク)を紹介します。

  • 屋号付き銀行口座が作れる
  • 手数料が安い

 

ジャパンネットバンク

まずオススメなのがジャパンネット銀行です。

  • 与信審査なし、決算書提出不要
  • 永年年会費無料
  • Visaデビットカード付き
  • ワンタイムパスワードで安心のセキュリティー
  • Tポイントを現金化出来る

 

与信審査と決算書の提出は不要なのでフリーランスなり始めでも作れるオススメのネットバンクです。

年会費は永年無料で各種手数料も預けている金額に関係なく一律なのも嬉しいですね。

ネットバンクはちょっと不安だなって人でもワンタイムパスワード付きでセキュリティーが安心です。

またTポイントの現金化にも対応しているので、事業用のクレジットカードをyahooカードにしている人であればとても相性の良いネットバンクです。

Visaデビットカード付きなのでクレジットの審査に落ちた方でも口座の残高の範囲内であればVisaのクレジットカード加盟店で利用できます。

 

楽天銀行

続いて楽天銀行です。

  • 永年年会費無料
  • 楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)を申し込める
  • クラウドワークスとランサーズの振込手数料が最安
  • 取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まる

 

ジャパンネット銀行と同じく年会費永年無料で使えるネットバンク。

個人的に楽天銀行を利用する一番のメリットはクラウドワークスとランサーズの振込手数料が一番安いことです。

クラウドワークス・ランサーズ共に報酬額の振込手数料は下記の通り。

楽天銀行税込み100円・他行税込み500円

1度につき400円の差はめちゃくちゃ大きいです!

僕のようにクラウドワークス・ランサーズから仕事を受けている人であれば必ず開設したいネットバンクです。

JCBデビットカード付きなのでクレジットの審査に落ちた方でも口座の残高の範囲内であればVisaのクレジットカード加盟店で利用できます。

個人ビジネス用の楽天銀行を開設するには、まず個人口座を開設した上で個人事業開業届か個人事業開始申告書のコピーを提出して申し込む必要があります。

ジャパンネット銀行に比べて開設が少し面倒ですが是非開設しておきましょう。

 

まとめ

プライベートと事業用の口座を分ける理由とオススメの銀行口座(ネットバンク)のご紹介でした。

事業用の口座を持ちすぎる必要はありませんが、何かあった時でもすぐに使えるようにどちらか1つだけではなくて2つとも開設しておくのが良いです。

すぐに開設できるわけではないので、面倒な手続きは最初に終わらせておきましょう。

ちなみに僕は屋号が無いので屋号付きの口座ではありませんが、個人名で事業をされている方でもメリットや口座を分ける理由は同じです。

これからフリーランスとして働く人の参考にしていただければと思います。

 

関連記事:

・駆け出しフリーランスは週2・3〜の派遣勤務との並行がオススメ!フリーランス求人エージェント紹介

・フリーランスがSNSとLINE@をビジネスに活用する際に契約する格安SIMは「SNSの通信料が掛からず1:1トークやID検索が使えるLINEモバイル」一択です。

 

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。