フリーランスデザイナーが自分のスキルを活かしたデザイン系のストック型ビジネスを作ってみた。


どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

 

最近は以前から考えていたサービスのサイトを制作していたのでブログが更新できていませんでした。

サイトといってもBASEで作っただけなので、制作というよりも仕組みを考えただけですけどね。

そのサービスというのは美容師専門のデザイン名刺サイト「istdesign」です。

 

このサイトを作ろうと思ったのは収入源を増やす目的でメインの仕事(フロー型ビジネス)以外にストック型ビジネスを作りたかったからです。

※ストック型ビジネスについて詳しくは下記を参照してください。

フリーランスが収入アップ(もしくは安定)させる為の考え方!フロー型ビジネスと並行して自分だけのストック型ビジネスを探そう。

 

デザイナーのスキルを生かしたストック型ビジネスを考えた時にやはりデザイン関係のサービスが良いなと思ったので、美容師専門のデザイン名刺サイトを作りました。

 

ストック型ビジネスを始めるにあたり考えた4つの条件とは

まずストック型ビジネスを始めるにあたり下記の4つの条件を満たしたサービスを考えました。

  1. 在庫がいらないサービス
  2. 初期費用がいらないサービス
  3. 継続した利益が見込めるサービス
  4. 仕組みを自動化できるサービス

 

この4つの条件にした理由を順番に説明していきます。

 

1.在庫がいらないサービス

在庫を抱える必要があるサービスですと保管する場所が必要ですし、在庫を抱えたまま売れなければ損失になります。

 

2.初期費用がいらないサービス

せっかく考えたサービスが軌道に乗らなかったとしても金銭的なリスクは負いたくないので初期費用も必要ないに越したことはありません。

 

3.継続した利益が見込めるサービス

継続して購入されるサービスの方が長い期間利益が見込めます。1度購入して終わりよりも同じサービスを何度も購入された方が良いですよね。

 

4.仕組みを自動化できるサービス

仕組みが自動化出来る=他人に任せられるサービスだと、自分で作業をしなくても収入が入る仕組みを作れます。

 

以上の4つが前提にありました。

 

なぜ美容師専門のデザイン名刺サイトなのか?

これはほんとたまたまで、友人に美容師が多かったのがきっかけです。

美容師ってアシスタントからスタイリストになると個人事業主になるので、店に指定の注文先がなければ自分で名刺を発注している人が多いんですよね。

注文方法は様々で、ディーラーさん(シャンプーとかカラー剤を販売している会社)が提携している印刷会社のデザイン名刺テンプレートから注文したり、個々でネットで探して発注するといった感じです。

一度ディーラーさんから注文できるデザイン名刺テンプレートを見せてもらったことがあるのですが、美容師向けというか一般企業の営業で使われるような超普通かつめちゃくちゃ微妙なデザインでした。

ネットでもデザイン名刺サイトはいくつかありますが、料金がかなり高かったり、色々な職種に対応できるようオーソドックスなデザインしかないサイトばかりです。

また、僕がデザインした美容師さんの名刺をInstagramにアップしたところ、全然知らない美容師さんからメッセージが届きデザインさせて貰うなんてことが何度かあったので美容師さんが好みそうなデザインを作るのに少し自信がありました。

 

以上を踏まえて、美容師向けのデザイン名刺サイトを適正な価格で販売したら需要があるのでは?という仮説を立てました。

そしてデザイン名刺のサイトですと先ほどの4つの条件も全て満たします。

  1. 注文が入ってからネット上の印刷会社で印刷をするので在庫がいらない。
  2. 既にパソコンとデザインソフトとデザインスキルがあるので初期費用がいらない。
  3. 名刺は配れば無くなるので継続した利益が見込める。
  4. 注文者と印刷会社のやりとりは仕組み化できるので、誰かを雇えば受注〜発送納品まで対応出来る。

 

あくまでも仮説なので需要がなく全く売れない可能性もありますけど、何もリスクがないしとりあえずやってみたという感じです。

ダメだったとしても何かの勉強にはなるでしょう、考えただけで行動しないよりはマシですし失敗は成功の元ですからね。笑

 

サイト制作後に今後やること

とりあえずサイトを作っただけなのでこれから色々とやらなければいけないことがあります。

まずはどうやってこのサービスを認知して貰うか?ですね。

どれだけ良いサービスや商品でも認知して貰わないと売れません。

さっと思いついた方法としては、

  • プレスリリース
  • SNSの活用
  • アフィリエイトサイト活用
  • Instagram広告
  • Instagramいいね+フォロワーツール
  • ショップカードやDMを使ったアナログ営業
  • 美容師ブロガー、インフルエンサー、Youtuberの活用

などがあるので、友達の美容師に相談しながら試していこうと思います。

先ほど「ダメだったとしても何かの勉強にはなるでしょう」と書きましたが、まさに挙げたようなマーケティングの勉強になりますよね。

Instagram広告とか使ったことないですが、出稿方法や効果を理解していれば本業でクライアントに提案も出来ます。マーケティング知識のあるデザイナーは重宝されるでしょうし。

 

とりあえず今思いつくことを試してみて、ダメだったら次、、次、、次という感じで常にチャレンジはしたいですね。

そうやってストック型ビジネスを増やしていこうと思います。早く日々のラットレースから抜け出すぞ〜!

 

関連記事:

・【フリーランス向け】損害賠償保険が無料付帯の即日支払い収納代行サービス「FREENANCE – フリーナンス」

・駆け出しフリーランスデザイナー・エンジニアは週2・3〜の派遣勤務との並行がオススメ!フリーランス求人エージェント紹介

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。