macでVirtualBoxがインストールエラーになる(セキュリティーとプライバシーの許可が出来ない)場合の対処法

VirtualBoxインストール

どうも。

名もなきデザイナーshoji@です。

 

macでコーディングしたwebサイトをWindowsでブラウザチェックしたい時に便利なVirtualBox。

Mac OS High Sierraでインストールするとエラーになる場合があります。

これはMac OS High Sierraのセキュリティ機能の強化によるものですが、その場合の対処法のご紹介です。

 

VirtualBoxインストールエラー

VirtualBoxをインストールしようとした際に下記のような画面が表示されましたでしょうか?

おそらくこの画像の前の項目で、○○を許可しますか?というような文言が表示されたと思います。

許可せずに進むと、それ以降そのままではインストールする事が出来ません。

でも安心してください。下記の簡単な手順を行うとインストール出来るようになります。

 

VirtualBoxを再度インストール出来るようにする設定

まずはmacの画面左上のリンゴマークから「システム環境設定」をクリック。

 

「一般」タブ内の左下のカギマークをクリックしロックを解除してから、「許可」をクリック。

 

するとブロックを解除出来てインストールが出来る状態になるはずです。・・・が、許可を押しても変更されない場合はセーフモードで再起動させる必要があります。

まずはmacを再起動させてすぐに「shift」キーをAppleロゴが表示されるまで押してください。

そのまま通常通りログインし、再度セキュリティーとプライバシーの画面を開きます。

すると先ほどまで反応しなかった「許可」がクリックできるようになっています。

「Oracle America, Inc」を選択して「ok」をクリックし、もう一度再起動してください。

 

再起動後にインストールを進めると無事VirtualBoxのインストールが完了されるはずです。

 

まとめ

今回の手順はVirtualBoxに限らず他のソフトをインストールしようとした際に、セキュリティーとプライバシーの許可が反映されない場合でも有効な手順です。

Mac OS High Sierraでセキュリティ機能が強化されたのはありがたいですが、その代わりに不便なこともあるもんですね〜。

 

合わせて読みたい:

macでIEとEdgeのブラウザチェックに便利な無料ツール「VirtualBox – ビジュアルボックス」

 

ABOUTこの記事をかいた人

・詳しいプロフィールはこちら
ひょんな事からフリーランスデザイナーになったアラサー男子。
海外フェスを回りながら仕事が出来るようなライフスタイルを目指しています。

趣味 : 音楽・一人旅・バイク
海外渡航歴 : スペイン・イタリア・ハワイ・マレーシア・シンガポール・タイ・韓国・台湾・香港