macでIEとEdgeのブラウザチェックに便利な無料ツール「VirtualBox – ビジュアルボックス」

VirtualBoxインストール

どうも。

名もなきデザイナーshoji@です。

 

僕は普段macを使用しているのですが、webの案件になると印刷物とは違いブラウザで表示されます。

ブラウザは何種類かあります、

有名所ですと「Firefox・Google Chrome・Opera」

macだと「safari」

winだと「Internet Explorer・Edge」

などなど。

で、1つのサイトを作成しても全てのブラウザで正しく表示されるかどうか調べる必要があります。

そこで出てくる問題がmacしか持っていないのに、Windowsでのブラウザチェックどうすんねん!という事です。

何年か前にwebサイトを作った時、わざわざネットカフェに行ってチェックした記憶がありますが、今は便利な世の中なのでそんな事しなくても大丈夫。

今回はmacでWindowsのブラウザ「Internet Explorer・Edge」でのサイトの見え方をチェックできる無料ツール「VirtualBox – ビジュアルボックス」のご紹介です。

 

VirtualBoxとは

mac上でWindowsを動かす事ができる仮想マシンです。

他の仮想マシンには有料の物もありますがVirtualBoxは無料で配布されています。

webサイトのブラウザチェックであればVirtualBoxで十分です。

 

VirtualBoxインストール方法

続いてmacにインストールする方法の説明です。

まずは公式サイトからVirtualBoxをダウンロードしましょう。

左の「Downloads」をクリック。

「OS X hosts」をクリック。

 

「VirtualBox-5.2.10-122088-OSX.dmg」というファイルがダウンロードされるので「VirtualBox.pkg」を解凍します。

 

続ける。

 

続ける。

 

続ける。

 

ここでインストールエラーになる場合があります。失敗した場合は下記記事を参考にしてください。

macでVirtualBoxがインストールエラーになる場合の対処法

 

無事インストールされました。

 

VirtualBoxのインストールが完了すると次はwindowsのダウンロードです。

Microsoft公式サイトでは仮想マシン用のEdgeやIEのファイルが用意されているので、必要なデータをダウンロードしましょう。

「Virtual machine」で動かしたいファイルを選び、「Select platform」でVirtualBoxを選び「DOWNLOAD.ZIP」をクリック。

 

ダウンロードしたファイルを解凍し、拡張子が「.ovf」のデータをダブルクリックし展開すると自動的にVirtualBoxが起動します。

そのまま「インポート」をクリック。

 

左側からダウンロードした「Win10」を選択して「起動」をクリック。

 

Win10が起動するので「Internet Explorer・Edge」を立ち上げてサイトをチェックしてください。

 

まとめ

macでwindowsのブラウザチェックする方法の説明でした。

チェック用のwindowsのPCを買ったり、ネットカフェなどに行かなくても良いのでとても便利ですね!

webデザイナーの方はぜひ活用してみてください。

 

合わせて読みたい:

macでVirtualBoxがインストールエラーになる(セキュリティーとプライバシーの許可が出来ない)場合の対処法

ABOUTこの記事をかいた人

・詳しいプロフィールはこちら
現在デザイナーからエンジニアを経てフリーランスに向けて準備中のアラサー男子。
海外フェスを回りながら仕事が出来るようなライフスタイルを目指しています。

趣味 : 音楽・一人旅・バイク
海外渡航歴 : スペイン・イタリア・ハワイ・マレーシア・シンガポール・タイ・韓国・台湾・香港