電子書籍読み放題kindle unlimitedは読まずにながら聴き!スマホ・タブレットを使った効率の良い電子書籍の読書方法




どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

 

僕は月に4〜5冊程度、年間5〜60冊ほどビジネス書を読んでいます。

年間5〜60冊という冊数は本を読んでいる人からすると少ないかもしれませんが、読書をする習慣が無い人からすると結構凄い数だと思います。

年間5〜60冊読もうとすると週にすると1冊は読まないといけませんが、どうしても読書の時間を作るのが難しい場合もありますよね。

僕も以前は月に1冊読めば良い方でしたが、電子書籍の読み方を変えることで年間5〜60冊読めるほどになりました。

その方法とは読まずにながら聴く方法です。

※すいません、今まで読むと書いていましたが実際は聴いていました。笑

 

電子書籍は読まずにながら聴く!読書の効率化アップ方法について

「読書世論調査 2009年版」によると、日本人が読書をしない理由の1位は「忙しくて読む時間がない」だそうです。

忙しくて読書の時間をどうしても作れないのであれば、「読書の時間を新たに作る」のは諦めて「普段の生活で必ず使う時間を使いながら読書をする方法を見つける」という風に考え方を変えてみましょう。

例えば、料理を作りながら・ご飯を食べながら・風呂に入りながら・歯を磨きながら・散歩やランニングをしながら・筋トレをしながら読書をすれば良いのです。

けど何かをしながら読書をするなんて難しすぎますよね?確かにその通りで「読む」のは難しいです。

しかし、「読む」のではなくて「聴く」のでは簡単そうじゃないですか?

実はkindleには音声読み上げ機能があるので、電子書籍を読まずに聴くことが出来るんです!

 

スマホ・タブレットでkindleの読み上げを行う方法

使用するデバイスでkindleの電子書籍読み上げ機能の使い方が違うのでそれぞれの方法を他力本願でまとめてみました。

Fireタブレットのkindle読み上げ方法

 

iPhone・iPadのkindle読み上げ方法

 

Androidスマホ・タブレットのkindle読み上げ方法

 

ちなみに僕はSONYのAndroid搭載ウォークマンNW-A105で聴いています。

Android対応なのでkindleアプリを入れて電子書籍が聴けるし、本来の使い方の音楽の音質が驚くほど良いです。

 

電子書籍を聴くメリット・デメリットについて

続いて電子書籍を聴くメリットとデメリットについて感じたことを説明します。

 

メリット

・何かをしながら読書が出来る

一番のメリットはこれですね。

読書用の時間を作らなくて良いので時間節約にもなります。

 

・機械音声は意外と気にならない

AmazonのオーディオブックAudibleであれば人が朗読した音声で聴けますが、Kindleの読み上げ機能は機械音声が流れます。

最初聴くまでは機械音声は聴きにくいかなと思っていましたが、実際聴いてみると全く違和感はありませんでした。

 

デメリット

・音読み訓読みの読み間違え

読み上げ機能で一番気になるのは音読みと訓読みの間違いです。

例えば、「そっちの理由の方(ほう)が」という文を「そっちの理由の方(かた)が」と読んでしまう場合があり少し気になります。

ただ、前後の文章から間違いにはすぐ気づくので慣れれば問題ないです。

 

・画面に少しでも触れたり画面ロックすると読み上げがストップする

音声読み上げ中に画面に触れたり、画面スリープ機能で画面ロックされると読み上げがストップしてしまいます。

特に散歩やランニングなど外で使う場合、ポケットの外側から手が画面に触れる場合があるので注意が必要です。

またスリープ機能は一番長い時間に設定するか、なしがあればスリープなしにしておきましょう。

 

・デバイスのバッテリー減りが早い

音声読み上げ中は画面が点灯しっぱなしなのでバッテリーの減りが早いです。

あと長時間使用していると本体が熱くなるのでランニング中には注意です。笑

 

電子書籍を聴く場合にオススメのイヤホン

電子書籍を聴くのにオススメのイヤホンはAfterShokzの骨伝導イヤホンAeropexです。

 

理由は骨伝導なので音声を聴きながら周りの音が聞こえるからです。

自宅だと家族の呼びかけも聞こえるし、外だと自転車や車の音が聞こえるのでとても安全です。

もっと価格の安い骨伝導イヤフォンはいくつもありますが、レビューを見ていると性能が安かろう悪かろうなので骨伝導イヤフォンで実績のあるAfterShokzの製品がオススメです。

最新の「Aeropex」以外に価格の安いモデル「Titanium」や「Air」もあるので気になる方はチェックしてみて下さい。

 

まとめ

以上kindleの電子書籍を聴く、効率の良い電子書籍の読書方法のご紹介でした。

この読書方法であれば年間5〜60冊の読書も簡単に可能ですし、これから読書を始めたい方にもオススメです。

あ、kindleでビジネス書を聴くのであれば、電子書籍が読み放題のkindle unlimitedがコスパ良く最高ですよ。

 

関連記事:

・デザイナーのスキルアップや勉強には「AmazonFireHD10×kindle unlimited・楽天マガジン」の電子書籍セットが最高です。

・kindle unlimitedや楽天マガジンなどの電子書籍でオリジナルスクラップブックを作る方法

 

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA