完全ワイヤレスイヤホンJeemak「V12」購入レビュー

Jeemak「V12」

どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

ちまたの音楽好きの間で話題の(たぶん)完全ワイヤレスイヤホンを購入しました。

今までは非ワイヤレスイヤホン(コードで左右が繋がっているやつ)を使用していましたが、バッテリーの持ちが悪くなり満充電で2時間程度しか充電できなくなってきたタイミングでの買い替えです。ちなみに今まで使っていたイヤホンはこちら。

購入当時はスマホ本体にコードを繋がなくても良いワイヤレスイヤホンはかなり快適で、約1年ほぼ毎日使用していました。3000円程度の商品で1年持ったのでコスパ良すぎました。ありがとう。

 

完全ワイヤレスBluetoothイヤホン Jeemak「V12」

今回はコードの無い完全ワイヤレスタイプのイヤホンJeemak社の「V12」を購入しました。

イヤホン購入にあたり重視する点は下記の3点です。

  • コスパの良さ
  • バッテリーの持ち
  • 商品のデザイン

音楽は好きですが音質にはあまりこだわりがありません。イヤホンは消耗品と割り切っているので、いつ壊れても良い前提で買います。しかもガジェット類は日々ものすごいスピードで進化しています。すぐに新しい機能や技術が搭載された商品が低価格で発売されるので、ずっと古い機能の商品を使い続けるよりも最新機能の商品をその都度買った方が良いかなぁという理由です。

だってワイヤレスイヤホンが発売されたのもまぁまぁ最近なのに、今はもう完全ワイヤレスです。技術の進歩はスゲー速いです。

もちろん3万円位のBOSEとかSONYの商品を買うのも良いとは思いますが、その金額で買って壊れたりするとショック過ぎませんか?なのである程度品質が良く、コスパが良い製品を定期的に買い替えていく感じで考えています。

という事でJeemak「V12」のご紹介です。

 

Jeemak「V12」開封の儀(やってみたかった。笑)

外箱はこんな感じ。

 

開封すると左右のイヤホンとケースと交換用のイヤーパッド、USBケーブルと説明書が同封されています。

 

ケースは素材にアルミを使用する事でチープさは全く感じません。手で持つととてもコンパクト。僕の手は男の中でも小さい方ですがそれでもこれ位です。

 

この製品の良い所は本体のケース自体が充電器を兼ねている事です。ちなみにイヤホン1回の充電で約3時間ほど使えてケースへの収納で3〜4回のフル充電が可能との事。(公式発表)

3時間×3.5回の充電として合計すると約10時間程度使えるので家での充電は1週間に1.2回で済みそうです。

 

左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンはスマホを操作しなくても本体をタップする事で停止や再生が行えます。
ケースに収納したままポケットやカバンに入れてると取れて無くしてしまいそうに思いましたが、マグネット式でしっかりと固定されるのでその心配は大丈夫。収納した状態で上下に振ってみましたが抜ける様子は全くありませんでした。

 

Jeemak「V12」使用感

僕が使っているBlackBerry KEYoneとペアリングを済ませて使用してみます。

耳の穴の中にねじ込むようにして装着するカナル型なのでしっかりとした着用感があります。上手くはまらない場合は付属のイヤーパッドのサイズを変えて調整してみてください。

外出ついでに使用してみると・・・めちゃめちゃ途切れます。

片方から音が出なくなったかと思えば繋がって、しばらくすると両方から音が出なくなりまた繋がっての繰り返し。。。

でもしばらく使っているうちに途切れる事は無くなりました。使い始めのガジェットって慣らすためにエージングが必要ですがその効果でしょうかね?Amazonのレビューでも途切れると書いている人がいますが、おそらく少しだけ使用してそのレビューを書いているのだと思います。(違うかもしれませんが)

僕の場合は最初故障かなと思うくらい途切れていましたが、直ぐに途切れなくなりました。なので同じように途切れてもしばらく使ってみてください。

ちなみに1年感の保証が付いているようなので、もし不良品が届いても安心です。

【日本国内12ケ月保証】30日間の無料返品と12ケ月無料修理を提供いたしますから、使用中、何か問題がございましたら、お気軽にsupport@jeemak.comにご問い合わせください。

 

Jeemak「V12」音質

V12は音質を左右する「AAC」や「apt-X」のコーデックには非対応ですが、音質にはあまりこだわりが無いのでこれで十分と感じました。よくイヤホンのレビューで見かけるような「低音と高音の幅が〜」とか「音のドンシャリ感が強くて〜」とか書いている違いが分かる人であれば物足りなかったりするのかなと思いますが普通に聴く分には全く問題無しです。

Androidの方はイコライザアプリで音質を好みに調整してみるのもオススメ。僕は「Equalizer」というアプリを使用しています。

自転車に乗った状態でLINE電話で通話も試してみましたが風の音を拾う事もなく会話できました。ただ人混みでは周りの人の声を拾ってしまうかもしれません。

 

Jeemak「V12」スペック

ブランドJeemak
モデルV12
BluetoothチップAiroha AB1526
Bluetoothバージョン4.2
対応プロファイルHFP/HSP/AVRCP/SPP
最大通信距離見通し約10m
バッテリーケース容量650mAh
イヤホンバテリー容量55mAh
連続待受時間約1000時間「充電スタンド」
連続再生通話時間約2時間
イヤホン充電時間約1時間
バッテリーケースDC出力電圧5V
再生周波数帯域20Hz-20kHz

 

Jeemak「V12」使ってみた感想

簡単に言うと、完全ワイヤレスイヤホンマジで超良いわ〜です。

以前使っていたタイプのワイヤレスイヤホンもスマホとのコードが無くなりかなり快適でしたが、動いた時にモゾモゾとコードが擦れる音が気になっていました。しかり完全ワイヤレスとなるとその問題も解消され音楽に集中できます。

後は価格が安い事!完全ワイヤレスで3千円台はどう考えても安すぎです。

今だに有線コードのイヤホンを使っている人は是非ワイヤレスイヤホンを使ってみてください。快適すぎてもう有線には戻れないと思いますよー。

 

 

 

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA