Lancers(ランサーズ)とCrowdWorks(クラウドワークス)でクライアントから連絡が取れなくなった時に支払いを確定させる方法

どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。  

 

LancersとCrowdWorksを本格的に利用し始めて一年が経ちました。

依頼主のクライアント様には良くも悪くも色々な方がいまして、一番厄介なのが途中で連絡が途絶えてしまう場合です。

仕事を依頼しているにも関わらず連絡が途絶えるなんて意味がわかりませんが今まで三回ほど遭遇しました。笑

しかも困ったことに、作業が進んでいる状態で連絡が途絶えてしまったのです。

デザインは確定していない状態だとしても、実作業は発生しているので支払いは確定して欲しいですよね。

同じような悩みに遭遇している方向けに作業途中に連絡が取れなくなったクライアントから支払いを確定させる方法をお伝えします。

 

Lancers(ランサーズ)とCrowdWorks(クラウドワークス)でクライアントから連絡が取れなくなった時に支払いを確定させる方法

Lancers(ランサーズ)で支払いを確定させる方法と注意点

ランサーズで支払いを確定させる方法です。

クライアントと連絡が取れなくなった場合に行う基本的な方法として連絡催促申請があります。

ランサーズには、取引相手と連絡が取れなくなった時に有効な「連絡催促申請」機能があります。

「連絡催促申請」を利用すると、ランサーズから取引相手(クライアントまたはランサー)に対し連絡期限を設定して連絡催促をします。
連絡期限までに取引相手からの連絡がなかった場合には、仕事完了報告中の依頼の支払い確定やエスクロー中の計画のエスクロー解除、プロジェクトの解除、取引相手へのマイナス評価付与の対応がなされます。

 

■申請できるケース

下記4点を満たしている場合に申請することができます。
1.プロジェクト方式固定報酬制のお仕事であること
2.取引が進行中であること
3.ランサーズのメッセージで、7日以上取引相手と連絡が取れない状況であること
4.連絡催促申請を既にしていないこと

 

■申請方法

連絡催促申請ができる場合、下記の箇所に申請ボタンが表示されます。連絡催促をご希望の場合は、申請ボタンをクリックしてください。

連絡催促申請画面

※申請ボタンが表示されない場合、申請対象でないか、既に申請中、取引相手から申請されている状態のいずれかが考えられます。

■申請後

連絡催促申請を行うと、取引相手に対して、申請日から7日後を連絡期限とする連絡催促を行います。連絡期限までに取引相手からの連絡がなかった場合は、下記の対応が実施されます。

・進行中のプロジェクトが支払確定もしくはキャンセルとなる
・取引相手にマイナス評価が付与される

公式サイトより引用

作業前で連絡が取れなくなった場合は連絡催促申請を利用すれば良いのですが、すでに作業が進んでいる状態で支払いを確定させたい場合は下記手順となります。

ランサーズで作業が進んでいて連絡が取れなくなった状態で支払いを確定させる方法

  1. コメントにて連絡が欲しい旨をクライアントに催促
  2. クライアントからの返信を7日ほど待つ
  3. プロジェクトの完了報告を行う
  4. 連絡催促申請を行う
  5. 期限までに連絡がない場合、進行中のプロジェクトがキャンセルされ支払確定される

 

プロジェクトの完了報告をした状態で連絡催促申請を行うと支払いを確定できます。

 

 

CrowdWorks(クラウドワークス)で支払いを確定させる方法と注意点

続いてクラウドワークスにて支払いを確定させる方法です。

クライアントと連絡が取れなくなった場合に行う基本的な方法として途中終了リクエストがあります。

【メンバー】契約したクライアントと契約を途中終了したい

固定報酬制の場合、クライアントに連絡を取られた上で、契約詳細画面の右側にある、契約の「途中終了リクエスト」お送りください。
クライアントの方が同意された時点で、契約が解除(キャンセル)になります。

※契約を「途中終了」されますと、契約自体がキャンセルになるため、仮払いされた金銭は全額クライアントに返金されます。

公式サイトより引用

途中終了リクエストの説明には「クライアントの方が同意された時点で、契約が解除(キャンセル)になります。」とありますが、応答がないまま1週間経過した段階でも契約終了となります。

作業前で連絡が取れなくなった場合は途中終了リクエストを利用すれば良いのですが、すでに作業が進んでいる状態で支払いを確定させたい場合は下記手順となります。

クラウドワークスで作業が進んでいて連絡が取れなくなった状態で支払いを確定させる方法

  1. コメントにて連絡が欲しい旨をクライアントに催促
  2. クライアントからの返信を7日ほど待つ
  3. プロジェクトの「納品する」を選び「納品完了報告をする」を選択
  4. クライアントからの検収処理を7日ほど待つ
  5. 検収期間を過ぎても処理されない旨をクラウドワークス事務局へ問い合わせる
  6. クラウドワークス事務局からクライアントへ連絡が行われる
  7. 再度クライアントからの返信・検収処理を5日ほど待つ
  8. クラウドワークス事務局からクライアントへ連絡を入れたにも関わらずまだ連絡がない旨を再度クラウドワークス事務局へ問い合わせる
  9. 期限までに連絡がない場合、進行中のプロジェクトがキャンセルされ支払確定される

 

クライアントと自分の間に事務局が入るので少し面倒ですが以上の手順を行うと支払いを確定できます。

 

 

まとめ

作業が進んでいる状態にもかかわらず通常のキャンセル手順を行うと支払いがされず作業時間が無駄になるので注意してください。

実作業が発生していればデザインが確定していなくても支払いはされるべきだと考えていますし、相手からの連絡が途絶えたのでこちらに非はありません。

ランサーズとクラウドワークスを利用していて、同じような状態でお悩みの方は参考にしてくださいね。

 

関連記事:

・デザイナーがCrowdWorks(クラウドワークス)とLancers(ランサーズ)を3ヶ月間本気でやってみた結果

・【フリーランスデザイナー登録必須】クラウドソーシング&スキルシェアリングサービス7選

 

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。