WordPressローカル環境開発ツール「Local by Flywheel」でSSLを有効化する方法




どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

 

サーバー構築の知識なしでWordPressローカル環境を簡単に作る事ができるツール「Local by Flywheel」

【サーバ構築などの面倒な知識必要なし】WordPressローカル環境をMacに簡単構築「Local by Flywheel – ローカルバイフライホイール」

 

初期設定ではSSLが未設定ですが簡単にSSLの有効化を行う事ができます。

最近はSSLでサイト制作を行うのが当たり前なので、Local by Flywheelを利用する場合もSSLを有効化した状態でサイト構築するようにしましょう。

 

Local by FlywheelでSSLを有効化する方法

Local by Flywheelの管理画面の「SSL」をクリック。

 

「TRUST」をクリック。

 

Macで利用してるログイン情報を入力。

 

先ほどの「TRUST」が「TRUSTED」に変わっているはずです。

 

「VIEW SITE」からサイトを開き、URLをhttpに変えても表示されていればLocal by FlywheelでのSSL設定は完了です。

 

最後に「ADMIN」からWordPressにログインし、「設定」の中の「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」をhttpからhttpsに変更して保存。

これで全ての手順は完了です。

 

chromeだと正しく表示できない?

safariではhttpsのアドレスで問題なく表示されましたが、何故かchromeでは正しく表示されませんでした。

 

恐らく証明書が無効なのが原因だと思うのですが。

 

「証明書」をクリックして進んでも有効にするような箇所は見つからず。。。

 

色々とググってみましたが解決方法は見つかりませんでした。

ただ他の人はchromeでも問題なく表示されているので、僕のパソコンかブラウザの設定が原因なのでしょうか?

この件はいずれ解決次第追記したいと思います。

 

まとめ

Local by FlywheelでもSSL化した状態でサイト構築をしておかないと、SSL化しないままサイト構築してSSL化されている本番環境にデータを移行すると正しく動作してくれません。

必ず本番環境に合わせて最初からSSL化した状態でサイト構築するように徹底してくださいね。

 

関連記事:

・【サーバ構築などの面倒な知識必要なし】WordPressローカル環境をMacに簡単構築「Local by Flywheel – ローカルバイフライホイール」

・新しくwebサイトを作る(リニューアル)なら自力SEOで集客可能なWordPress構築サイトがオススメの理由

 

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA