クラウドストレージサービスをまとめてスッキリ管理「odrive」

どうも。

名もなきデザイナーshoji@です。

 

MacBookProの容量を増やす為にオンラインストレージサービスをいくつか使用しています。

しばらく使ってみて思ったのですが、2つだけ不便な事があります。

  1. どのデータをどこのストレージに入れたか分からなくなる。
  2. データを入れる際に各ストレージにアクセスするのがとても手間。

何か良い方法が無いか調べているとodriveというサービスを見つけました。

 

odriveとは?

odriveとはバラバラのストレージサービスを一元管理出来るとても便利なサービスです。

対応しているストレージサービスはこんな感じです。

odriveは海外のサービスなので知らないストレージサービスもありますね!

僕が現在使用している「Amazon Drive」「Dropbox」「google Drive」「OneDrive」「Box」が対応しているのでodriveでまとめてみます。

 

odrive登録方法

実際登録してみましょう。

まずはこちらからodriveのページを開き、右上の「SIGN IN」をクリック。

 

登録済みのアカウントでログインしてください。今回はGoogleアカウントでログインしました。

 

NAMEとEMAILを確認して「SEND VERIFICATION EMAIL」をクリック。

 

登録したアドレス宛にメールが届きます。メール内の「DOWNLOAD」をクリック。

 

開いたページ内からMacかWinのお使いのパソコン用のアプリをダウンロードします。

 

Macの場合は画面上部のメニューバーにodriveのアイコンが表示されます。

 

再度odriveのページを開きます。

Googleアカウントでログインしたので「google Drive」がリンクされていますね。

その他のストレージサービスもリンクさせて行きましょう。「Link Storage」をクリック。

 

次は「Amazon Drive」のアイコンをクリック。

 

「AUTHORIZE」をクリック。

 

Amazonのアカウントでサインインして下さい。

 

「Amazon Drive」が追加されました。同じ手順で使用している他のストレージサービスを追加して下さい。

 

全てのサービス追加後、odriveフォルダの中身を確認するとリンクさせたストレージサービスの各フォルダが作成されています。

以上で登録完了です。

 

odriveの機能を簡単にご紹介します。

syncとunsyncについて

odriveを使う上で覚えておきたい概念がsyncとunsyncについです。

sync = 同期状態

サーバーと同期されている状態なので、フォルダ内データの変更・保存・削除などが行えます。

syncの時は同期させたいデータ容量分パソコン本体のストレージを使用します。

 

unsync = 非同期状態

サーバーと同期されていない状態なので、フォルダ内のデータを参照する事が出来ません。

あくまでもフォルダ名などの存在を示しているだけの状態です。

unsyncの時はパソコン本体のストレージは使用しません。

 

簡単にまとめるとストレージサーバ内のデータを使用したい時はsyncにして、使わない時はunsyncするだけでOKです。

 

先ほどリンクさせた各ストレージサービスのフォルダを見るとアイコンのタブがピンクになり、拡張子が.cloudxと表示されています。

この時はunsync=非同期状態です。

 

unsync状態のフォルダをダブルクリックすると、タブのピンクが消えてチェックマークが付きます。

これでsync=同期状態になりフォルダ内を参照する事が可能です。

 

フォルダを開くとその中のフォルダorデータもunsyncなので、必要なデータにたどり着くまでsyncに変えて下さい。

 

ちなみにMacの場合syncからunsyncに変更するには、フォルダ上で「control+マウスクリック」して表示されるメニューの「Unsync」をクリックするだけです。

必要な時だけsyncにしてデータを取り出し、いらない時はunsyncに切り替えるという事を覚えておきましょう。

 

フォルダを共有する

odrive内に作ったフォルダを他人と共有する事が出来ます。

フォルダ上で「control+マウスクリック」して表示されるメニューの「Share Link」をクリックするとodriveのサイトへ移動します。

 

パスワードと保存期間の指定も可能です。マジで便利!

 

最後にリンクアドレスが表示されるので、コピーして共有したい人に知らせて完了です。

 

まとめ

バラバラのストレージサービスを一元管理できるodriveはとても便利で画期的なサービスです。

データは各ストレージサービスに保管されているので、odriveのサービスが終了して知らぬ間にデータが消えてしまったなんて事もありません。

データを保管しているAmazonやGoogleなどのストレージサービスが終了してしまう事は考えにくいですもんね。

ストレージ以外ではInstagramやFacebookをリンクさせる事も可能です。過去に投稿した画像データの閲覧のみですが見返す事が多い人はリンクしておきましょう。

何事もすっきりとシンプルにするのが一番!odrive使ってみて下さい。

 

関連記事:MacBookProのストレージ容量を増やす為の4つの方法

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

・詳しいプロフィールはこちら
ひょんな事からフリーランスデザイナーになったアラサー男子。
海外フェスを回りながら仕事が出来るようなライフスタイルを目指しています。

趣味 : 音楽・一人旅・バイク
海外渡航歴 : スペイン・イタリア・ハワイ・マレーシア・シンガポール・タイ・韓国・台湾・香港