【給付金入金済】フリーランスが新型コロナウイルス給付金「持続化給付金」を実際に申請してみました。申し込み方法手順〜入金完了までの流れ




どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

5/25追記:5/8の申請で5/25日に入金されました!

 

5/1から申請受付が開始した新型コロナウイルス給付金「持続化給付金」

【最大200万円給付】フリーランス・個人事業主も対象、新型コロナウイルス給付金「持続化給付金」

 

僕も2月が前年比50%以下でしたので実際に申し込んでみました。

フリーランス・個人授業主の場合の申し込み方法や手順を解説したいと思います。

 

また、申請の前に「申請要領・申請規程・給付規程」の詳しい情報は経済産業省の持続化給付金ページから確認できるので、目を通しておいて下さい。

経済産業省、持続化給付金ページはこちら

 

新型コロナウイルス給付金「持続化給付金」申請方法

では実際の申請方法の手順を説明します。

 

①申請に必要な書類を準備する

まずは申請に必要な下記の4つの書類を準備しましょう。

書類は原本の提出必要なく、PDF・JPG・PNGのいずれかの形式で1ファイル10MB以下の画像データで大丈夫。

スマホのカメラで撮影して申請できるのは便利ですね。

 

・確定申告書類

  • 青色申告の場合 確定申告書第一表(1枚)+所得税青色申告決算書(2枚)
  • 白色申告の場合 確定申告書第一表(1枚)

※確定申告書第一表には収受日付印が押されていること。

※所得税青色申告決算書は下記に当てはまる人は任意提出でOKです。↓

青色申告を行っている者であって、

①所得税青色申告決算を提出しない者(任意)

②所得税青色申告決算書に月間事業収入の記載がない者

③相当の事由により当該書類を提出できない者

は、白色申告を行っている者等と同様に、2019年の月平均の事業収入と対象月の月間事業収入を比較することとする。

 

僕は青色申告なので下記書類を用意しました。

所得税青色申告決算書は任意ですが、手元にあればもちろん提出しましょう!

 

・2020年分の対象とする月の売上台帳など

対象月の事業収入額がわかる売上台帳等の提出が必要です。

これは人によって使用している会計ソフトや方法が違うので決まったフォーマットはありません。

  • 経理ソフトから抽出したデータ
  • エクセルデータ
  • 手書きの売上帳

などで自分が用意できる方法で用意しましょう。

僕は会計ソフトにmisocaを利用しているので、該当月のレポート画面と請求済完了画面のスクショ画像を提出しました。

 

・通帳の写し

申請者名義の口座の通帳の写しは支出状況を調べるためではなく、給付金の振込先の確認のために必要です。

銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・名義人が確認できる状態で撮影すればOK。

上記が確認できるように、必要であれば、通帳のオモテ面と通帳を開いた1・2ページ目の両方も添付すると良いでしょう。

ネットバンクを利用している人はスクショ画像を提出しましょう。

 

・本人確認書類の写し

本人確認書類は下記のいずれかの写しが必要です。

住所・氏名・顔写真がはっきり分かる状態で撮影しましょう。

  1. 運転免許証(両面)(返納している場合は、運転経歴証明書で代替可能。)
  2. 個人番号カード(オモテ面のみ)
  3. 写真付きの住民基本台帳カード(オモテ面のみ)
  4. 在留カード、住民票の写し及びパスポート(顔写真の掲載されているページ)の両方、外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る。) (両面)
  5. 住民票の写し及びパスポート(顔写真の掲載されているページ)の両方
  6. 住民票の写し及び各種健康保険証(両面)の両方

※いずれの場合も申請を行う月において有効なものであり、記載された住所が申請時に登録する住所と同一のものに限ります。

①〜④を保有していない場合は⑤か⑥で代替可能です。

 

②サイトから持続化給付金を申請する

申請書類が全て揃えられたらいよいよ申請です。

持続化給付金申請ページを開きページ下部の「申請する」をクリック。

 

仮登録画面が表示されるので必要情報を入力し「次へ」をクリック。

 

確認画面が表示されるので間違いなければ「登録」をクリック。

 

以上で仮登録の完了です。

 

入力したメールアドレス宛にメールが届くので、メール内のURLをクリック。

 

移行したページでマイページの設定を行います。

必要情報を入力し「登録」をクリック。

 

宣誓の確認と基本情報を入力し「次へ」をクリック。

 

特例適用の選択、名義を入力し「次へ」をクリック。

 

売上入力、口座情報入力、通帳の写しをアップロードして「次へ」をクリック。

ちなみに僕の場合の給付予定額はフリーランス上限一杯の100万円でした。

 

必要書類画像をアップして「確認画面へ」をクリック。

 

入力した情報の確認画面が表示されるので間違いがないか確認して下さい。

問題なければ「申請」をクリック。移行画面で申請番号が表示されて申請完了です。

 

以上で申請は完了です。

あきらかな不備があれば連絡を貰えるようです。

スムーズに行けば2週間ほどで振り込まれるようなので、本日8日の申請で5月末頃には振り込まれるかな?

 

5/22:追記 赤枠メッセージ表示

5/8から一切連絡がありませんでしたが、2週間後の5/22にマイページを確認すると赤枠でメッセージが表示されていました。

ネット上での書き込みによると赤枠が消えてから数日で入金されたという情報があったので振り込みまでもう少しのようです。

 

5/23:追記 赤枠メッセージが消える

翌日に確認してみると先日表示されていた赤枠が消えていました。

週明けには振り込まれるのでしょうか?

 

5/25:追記 実際に入金されました!

5/25の10時、口座を確認してみると満額入金されていました。ちなみにUFJ銀行です。

 

最後に

僕の場合は申請から大体2週間で振り込まれていました。

初日の申請で未だに入金されていない方も沢山おられるみたいなので、どういう基準で振り込まれるのかは分かりません。

提出資料に不備がないのであれば申し込み順から対応するべきだと思いますし、何らかの進行状況の連絡を入れてあげないと不安になると思います。

実際メール連絡も申請申込み直後の受付メール以降何も届いていないですし。

その都度の連絡が難しければせめて振込日が確定した時点だけでも連絡を貰えると、支払いの調整が出来るしメンタルも安定するんですけどね。

ただ、給付金が振り込まれたのは本当にありがたいですし、大切に利用したいと思います!

 

新型コロナウイルス給付金「持続化給付金」を知らなかったという方で、前年比売上50%以下の月がある給付対象者であればすぐに申し込むようにしましょう。

もし1〜4月の段階で給付対象でなくても12月までが対象なので、前年比50%以下の売上月がないか月末は必ずチェックしてくださいね。

※先着ではありませんが、財源が無くなれば早期に完了する可能性もあるので早めに申請して下さい。

 

 

関連記事:

・2年間フリーランスとして働いた僕がオススメする駆け出しフリーランス向けの便利なサービス・制度・考え方をまとめました。

・フリーランスや個人事業主は必ず考えたい「事故・病気・損害賠償」に対するお金のリスクヘッジ方法について

 

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA