フリーランスにオススメのほったらかし投資方法!余剰金は貯金よりもAI(ロボアドバイザー)に資産運用してもらう「WealthNavi – ウェルスナビ」1年運用結果報告


どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

 

フリーランスの皆さん投資や資産運用はしていますか?

「投資や資産運用に興味はあるけどよく分からなしいなんか怖い」そう思っている人多いと思います。僕もそうでした。

でもそういう人に限って投資や資産運用を勉強したことがないんですよね。僕もそうでした。

しかしいつまでも勉強しないまま貯金だけしているのはとても損なんですよね。

僕は1年ほど前からWealthNavi(ウェルスナビ)というAI投資を利用しているんですが、忙しいフリーランスに最適な投資方法なのでご紹介したいと思います。

 

投資と投機の違い

WealthNaviの説明の前に、資産運用において大事な投機と投資の考え方の違いを説明したいと思います。

こちらのサイトにわかりやすい説明画像があったのでお借りしました。

資産運用と聞くと多くの方が株やFXなどの短期売買=投機を思い浮かべると思います。

投機は短期の利益は多いですがその分リスクが大きくなります。

株やFXに怖いイメージがあるのは、運用に失敗すると借金まみれみたいなイメージが強いからですね。

投機をするのに適した人は株やFXの知識が豊富でその売買だけで生活費を稼いでいる人、いわゆるトレーダーです。

 

対して投資とは長期で保有し少しずつ資産を増やす方法です。

短期の利益は少ないですが長期で少しずつ確実に資産が増えていきます。

株価の上下に一喜一憂することもないですし、ほったらかしで運用ができるので面倒な売買や景気の動向を勉強する必要もありません。

 

つまり僕らのようにメインの収入源があって余剰金が増えればいいなと思っている人は投資が最適な資産運用方法なんです。

今から説明するWealthNaviは長期で少しずつ資産を増やしたい投資に最適なサービスです。

 

ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)とは?

今までは自分で投資先の銘柄を決めたりトレーダーにお願いする必要がありましたが、自分では面倒ですしトレーダーに頼むと手数料が高くなるのがデメリットでした。

WealthNaviはロボアドバイザー=AIが資産運用をしてくれるサービスなので、最初に設定をすればほったらかしでOK!面倒なことは何もありません。

アメリカのゴールドマンサックス証券のトレーダーが600名から2名に削減され代わりにAIのシステムが採用されたというこちらの記事にもあるように、今はロボが資産運用をする時代なんですよね。

だって過去に蓄積された大量のデータを元に運用するので人が頭で考えるよりも効率いいですからね。

最近はCMでもよく見かけますね。

 

ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)1年運用結果

僕は1年前から毎月1万円ずつを積み立て運用しています。

※本当はもう少し前から運用していましたが、どうしてもまとまったお金が必要になったので1年前に全額引き出しました。0の状態から毎月1万円の積み立てを再スタートして1年が経ったので1年経過としています。

 

本日4/10時点の実績はこんな感じです。13万円の投資に対して4,014円のプラスです。

資産の内訳はこんな感じ。

ロボアドバイザーが最適な国内海外の株をバランスよく購入してくれているだけなので僕はなにもしていません。

13万円の投資に対して4,014円のプラスってそんなに大したことないやん。と思った人に限って資産運用をしている人は少ないんですが、2019年4月現在の3大メガバンク(三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行)とゆうちょ銀行の定期預金の金利がいくらかご存知でしょうか?

ズバリたったの0.01%です。13万円を1年預けても+13円。

ギリうまい棒が1本買える金額ですね!

1年でこの差なので20年とか30年で考えると複利も効くし全然違います。

このように貯金するよりも投資に充てた方が効率的にお金が増やせるんですよね。

ちなみに資産を全て投資するのではなく、普段の1ヶ月の生活費の3ヶ月分は貯金して(何かあった時いつでも引き出せる状態)、それ以外の過剰金を投資に充てるようにしましょう。

生活費が20万円掛かっているのであれば60万円は貯金して手元に置いておきましょう。

怪我や病気で一時的に働けなくなっても3ヶ月分の生活費があればひとまず安心だからです。

 

ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)を利用する際の注意点

注意点はいちいち株価の変動を気にしないこと。CMでもあるように一喜一憂しないということですね。先ほども説明しましたが短期売買の投機と違い、長期で運用する投資は株価の変動は気にしてはダメです。

僕の場合1年で13万円が+4,014円になっていますが、2019年1月ですと-10,920円という時期もありました。

ここでマイナスになったからといって引き出してしまうと、ただ単に10,920円損しただけになります。

 

しかし投資は長期運用が基本なので現在はプラスに転じています。

長期で見ると少しずつプラスになる運用方法なので、その間はプラスマイナスを繰り返すものなんです。

つまり一喜一憂しないだだそれだけです。

 

ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)無料診断

WealthNaviでは無料診断から判断して最適な投資方法をロボが判断してくれます。

試しに診断してみましょう。

30代のフリーランスが毎月1万円を積み立てたと仮定して答えていきます。

 

30代を選択。

 

300万円未満を選択。

 

500万円未満を選択。

 

1万円を選択。

 

余裕資金を着実に運用を選択。

 

何もしないを選択。

毎月1万円を30年間投資した場合、370万円がいくらに増えるのかのシミュレーション結果です。

※WealthNaviを始めるには初回に10万円以上の入金が必要なので合計金額が370万円になっています。

  • 30%の確率で920万円以上
  • 50%の確率で720万円以上
  • 70%の確率で571万円以上

なんと50%の確率で+350万円、70%の確率でも+201万円になることが予想されました。

 

同じく毎月1万円を30年間貯金した場合、+5,390円にしかなりません。

金融庁のサイトより

 

こう比較しても貯金ってかなりしょぼいですね。

このように30年も資産運用するのと貯金するのとでは全く結果が違うんです。

 

ちなみに毎月1万円の積み立て投資をリーマンショック前から10年間運用したと仮定しても約79万円のプラスです。

10年間の実際の株の変動に沿ったシミュレーションなので予想ではなくてリアルな数字です。

このように投資は、上下変動を繰り返しつつも長期で見ると確実にプラスになるということがお分りいただけたと思います。

 

まとめ

フリーランス人口はまだまだ少ないので会社員に比べると保証や制度が現状整っていません。

そのためになるべく自分で資産を増やしたり税金を安くする方法を知ることがとても大事です。

その方法の1つとしてロボアドバイザーを活用した投資も検討してみるのがいいと思います。

投資は早く始めれば始めるほど複利が効いて得するので気になる方はWealthNaviチェックしてみてくださいね。

 

関連記事:

【所得控除・節税効果あり】フリーランスや個人事業主は加入しないと老後に損をするお得な年金上乗せ制度「付加年金」

【所得控除・節税効果あり】病院・歯医者での治療や、薬局・ドラッグストアで薬を購入する時にフリーランスが利用したい制度「医療費控除とセルフメディケーション税制」

 

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。