これからの集客はパソコンに強いスタイリストが生き残る。美容師2.0時代の到来

どうも。

名もなきデザイナーshoji@です。

 

最近初心者向けにMacのレクチャーを始めています。

友達のスタイリストの紹介からの申込みが多いので、今の所お客様は美容師さんばかりです。

美容師さんにパソコンの使い方を教える中で感じた事を話をしたいと思います。

最初に言うと今までの集客方法とこれからの集客方法が違うので、パソコンやwebサービス・SNSなどのアプリに詳しくないと集客に困るよ!という事です。

 

今までとこれからの美容師集客方法の違いとは

ネットが普及する前の集客方法

昔の集客方法は、とにかく腕を上げて口コミで来店してもらうというのが一番の方法でした。

いわゆる職人さん的考えですね。

この時代はまだネットが普及していないのでスキルを磨いて信用を上げるしかありませんでした。

つまりサロンワークの技術向上だけしていれば集客は出来ました。

 

ネットが普及した後の集客方法

一般家庭にもネットが普及しさまざまなサービスやサイトが作られました。

有名なのはホットペッパービューティーですね。

「サロンの集客=ホットペッパービューティー」がメインになり、ホットペッパービューティーは必須のツールとなりました。

つまりサロンワークに加えて誰でも知っている有名なネットサービスを活用すれば集客は出来ました。

 

SNSが普及した現在の集客方法

少し前のホットペッパーを使った集客方法は皆が使うのでメリットがあまり無くなりました。

結局ホットペッパーを使っても、毎月の料金が高いプランを申し込まないと検索結果の上位に表示されません。

そのような仕組みだと、広告資金が潤沢な大手サロンに独立したての個人店が対するのはとても厳しい状態です。

ここで従来の集客方法をする美容師と、これからの時代に沿った集客をする美容師に別れているなと感じます。

 

ではこれからの時代の集客とはどういう事でしょうか?

 

具体的には各SNSやブログ、アプリやネットサービスを使った他に依存しない集客です。

現在の世の中には便利なツールが毎日のようにローンチされています。

そういったツールを知ったり、使いこなす事が出来る美容師がこれから残っていくんじゃないかなと考えます。

つまりデジタルに強い美容師はこれからの集客には困らないという事です。

現時点の集客にTwitterやInstagramやLINE@を使っていない人、それ以前にアカウントを作ってもいなかったり、LINEとLINE@の違いを理解してないなんて美容師さんは要注意です!

 

まとめ

美容師だからサロンワークだけしておけば大丈夫という時代は終わりました。

このような考え方のアナログな美容師はこれから厳しいでしょう。

パソコンは近い将来無くなると思いますが、パソコンに変わる新しいデバイスが登場した時に使いこなすデジタルの知識があるのと無いのとでは全く違います。

美容師さんは最終独立する人が多いので、今のうちにその辺の教養を付けて他力では無く自力で集客できる状態にしておくのが良いと思います。

Macの使い方などマンツーマンでレクチャーしていますので興味のある方はこちらよりどうぞ。

 

関連記事:

・Macやデザインツール(Illustrator・Photoshop)の使い方をマンツーマンレクチャーしてみました。

・【ビジネスの利用に最適なSNS】一番最初に始めるのにオススメは「LINE@ – ラインアット」

・Googleマップに会社や店舗・ショップを登録しよう!「Googleマイビジネス」

ABOUTこの記事をかいた人

・詳しいプロフィールはこちら
ひょんな事からフリーランスデザイナーになったアラサー男子。
海外フェスを回りながら仕事が出来るようなライフスタイルを目指しています。

趣味 : 音楽・一人旅・バイク
海外渡航歴 : スペイン・イタリア・ハワイ・マレーシア・シンガポール・タイ・韓国・台湾・香港