【1万円前後で買える】アメリカン・チョッパー・ボバー・カフェ系カスタムに合うオススメバイクヘルメットのご紹介




どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

 

バイク乗りがバイク本体の次に個性を出せるアイテムはヘルメットです。

ブランド品のヘルメットだと3〜4万円前後しますが、1万円前後でもカッコいいヘルメットは沢山あります。

今回は1万前後で買えてアメリカン・チョッパー・ボバー・カフェ系カスタムに合うヘルメットのご紹介です。

 

DAMMTRAX(ダムトラックス) – BLASTER-改

8色から選べるカラーバリエーションが豊富なヘルメット。

サングラスやゴーグルを気分によりチョイスしてください。

 

NEO-RIDERS(ネオライダース) – HD-0

スモークインナーシールドが搭載されているのが特徴です。

日差しの強さによってシールドを切り替えられるのが便利ですね。

 

BEN(ベン) – B-80

こちらもスモークインナーシールドが搭載されているヘルメットです。

NEO-RIDERSよりも顎周りが長めなので好みのデザインで選ぶと良いと思います。

 

HANDLE KING(ハンドルキング) – VT-5X

この価格でクリアシールドとスモークインナーシールドが搭載されているのが特徴です。

艶ありグレーの色味も少し珍しく、ありきたりなブラック以外の色を探している人にオススメ。

 

NEO VINTAGE(ネオヴィンテージ) – VT-5

とにかく安い価格が魅力です。

二人乗り用のサブヘルメットにも良いですね。

 

CRG(シーアールジー) ATV-2

ドラゴンタトゥーの女の主人公リスベットが被っているBandit XXRのコピーだと思われる(違ったらすいません)ヘルメット。

Banditよりも全体的に大きい気もしますが、シールドをスモークに変更すれば見た目はほぼBanditです。

リスベットのBandit↓

 

分かりづらいですがハンドルにかかっているのが僕のATV-2です。

 

まとめ

以上1万前後のカッコいいヘルメットのご紹介でした。

数年前はこういうデザインの安いヘルメットはあまりありませんでしたが、改めて調べてみると色々なメーカーから出ているんですね。

ちなみに僕は最後のATV-2を5年ほど前から使っていますが、今買うとしたらNEO-RIDERS(ネオライダース)のHD-0かなぁ。

グレーの色味がとてもクールですよね!

 

ヘルメットの種類は半ヘルやジェットなどありますが、事故をした時を考えてフルフェイス一択だと思っています。

被っている時の安心感が全く違うのでフルフェイス持っていない人は是非チェックしてみて下さい。

 

関連記事:

・バイク系雑誌取り扱い数が一番多い電子書籍読み放題サービス(kindle unlimited・楽天マガジン・dマガジン・Tマガジン)を比較してみた

・これからチョッパー・ボバー系のバイクを買いたい人にオススメ!超Coolなイギリスのバイクメーカー「MUTT Motorcycle – マットモーターサイクル」

 

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA