【脱マンネリデザイン!】名刺・ショップカードをオシャレに仕上げるには「紙質・サイズ・特殊加工」にこだわってみよう

どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。  

 

デザイナーをしていると、「オシャレで人と被らない名刺を作ってください」というご依頼を頂くことがあります。その場合あまり見かけないようなデザインやレイアウトを色々と提案しますが、どうしてもパターンに限界がありますよね。

そんな時の参考に、簡単にオシャレで人と被らない名刺を作る方法をお伝えします。

 

名刺・ショップカードをオシャレに仕上げるには「紙質・サイズ・特殊加工」にこだわってみよう

紙質を変えて触った時の質感にこだわってみる

一番簡単に名刺に変化を付ける方法は紙質にこだわる事です。

紙を選ぶポイントは色味・厚み・触り心地などがありますが、特に厚みが違うだけで触ったときの印象が大分変わります。

また少し透けたような用紙やクラフト紙などの特殊な紙を使うのも良いですね。

本物の木の皮に印刷して名刺を作ってくれる印刷会社もあったりします。

まだ一度も頼んだことはないですけどね。

大概どこの印刷会社も紙サンプルを無料で配布しているので、気になった用紙を扱っている会社のサンプルは片っ端から申し込んでおきましょう。

 

 

変形サイズや型抜き加工で仕上がりサイズを変えてみる

日本の標準な名刺・ショップカードサイズは91mm×55mmですが、

  • サイズを一回りや二回り小さくしてみる
  • どちらかの辺を短くしてみる
  • 長方形ではなく正方形にしてみる

などがオススメです。

また、対応している会社は少ないですが自由にオリジナルな形で作れる型抜き加工も個性を出すのに適しています。

変形サイズや型抜き加工が出来る印刷会社でも、サイズや形により出来なかったりサイズを自由に選べない場合もあるのでクライアントとの打ち合わせ前に事前確認しておきましょう。

 

 

特殊加工を試してクオリティーを向上してみる

ぼくが名刺デザインによく使う特殊加工はいくつかあります。

  • 箔押し加工
  • 型押し加工
  • エンボス加工
  • 角丸加工

箔押し・型押し・エンボスは強調させたいロゴ部分などに、角丸加工は可愛く仕上げたい時に使うと効果的です。

 

また本来はファイリングしたい時やチケットに使われる用途の加工をあえてデザインの一部として使ってみるのも良いかもしれません。

  • 孔開け加工
  • ミシン目加工

などがあります。

 

まとめ

名刺・ショップカードのデザインを作る機会の多いグラフィックデザイナーが他と差をつけるには「紙質・加工・サイズ」にこだわってみるのがオススメです。

どれか1つでも良いですし、もちろん色々と組み合わせても面白いです。

最後に「紙質・加工・サイズ」にこだわって実際にぼくが最近作った名刺・ショップカードを紹介しておきますね。

View this post on Instagram

来月中崎町にオープンする @yufaxx さんのヘアサロンmoodの店舗ツール一式をデザインさせて貰いました。 温かみのある質感の紙に艶有りシルバーの箔押し加工を施す事でロゴを引き立てています。 箔押しは通常のインクと違って見る角度で表情が変わるのが良いんですよね。 デザインはほぼおまかせでオーダー頂いたのでとても楽しく制作出来ました。 仕上がりもとても喜んで頂けたようで良かったです。 #名刺デザイン #名刺 #ショップカード #ポイントカード #カルテ #箔押し加工 #変形サイズ #デザイン #design #デザイナー #フリーランス #ノマドワーカー #美容師 #スタイリスト #アシスタント #サロン #ヘアサロン #デザインから印刷まで承ります。

A post shared by 大石祥司 (@shoji0014) on

 

View this post on Instagram

神戸のアイラッシュサロン @eyelash_salon_arl 様の名刺をデザインさせて頂きました。 しっかりとした厚みのある白地が美しい紙に、ゴールドの箔押し加工で高級感のある仕上がりに。 こういうシンプルなデザインを印刷だけで表現してしまうと面白みに欠けますが、サイズ・加工・用紙にこだわればとてもいい感じにアップデートされます。 #名刺デザイン #名刺 #ショップカード #ポイントカード #カルテ #箔押し加工 #変形サイズ #デザイン #design #デザイナー #フリーランス #ノマドワーカー #美容師 #スタイリスト #アシスタント #サロン #ヘアサロン #アイラッシュサロン #マツエク #デザインから印刷まで承ります。

A post shared by 大石祥司 (@shoji0014) on

 

View this post on Instagram

女性向けのオーダーシューズを作っている靴職人 @waltz.shoes 様の名刺をデザインさせて頂きました。可愛らしい手書きの靴のイラストを入れて欲しいとの要望に合わせて、ふかふかとした質感が特徴の紙をチョイスしました。 イラストを活かすために余計なデザインは加えず、サイズも一回り小さくする事で、素朴で可愛い印象に。 印刷物はデザインのテイストに合わせた紙の選定がとても大事です。 #名刺デザイン #名刺 #ショップカード #ポイントカード #カルテ #箔押し加工 #変形サイズ #デザイン #design #デザイナー #フリーランス #ノマドワーカー #靴 #シューズ #靴職人 #オーダーメイド #デザインから印刷まで承ります。

A post shared by 大石祥司 (@shoji0014) on

 

 

以上、

  • 名刺・ショップカードのデザインがマンネリ化している。
  • クライアントから他と被らないデザインを依頼された。

なんてデザイナーさんに是非試してほしいアイデアのご紹介でした。

 

今回ご紹介した3つのアイデアを試すにはYMCARDさんで実現可能ですのでチェックしてみてください。

また、「特にこだわりは無いからとにかく安く仕上げてほしい」と言われる時も結構ありますが、その場合名刺印刷のプリスタ。さんで印刷するのがオススメです。

名刺モノクロ100枚印刷費が140円という脅威の安さです。笑

 

関連記事:

・【フリーランスデザイナー登録必須】クラウドソーシング&スキルシェアリングサービス7選

・【フリーランスデザイナー必見】名刺・フライヤー・ポスター・ステッカー・ノベルティー・ハンコを扱うネットプリント印刷会社まとめ

 

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。