クラウド会計ソフトfreeeとmisocaを使ってスムーズに確定申告をする為の売上・経費の登録と領収書保存方法


どうも。 
フリーランスでグラフィック・web制作をしている名もなきデザイナーshoji@です。
 

本日初めての確定申告を行いました。

3月15日が期限でしたので結構ギリギリですね。笑

確定申告の方法や利用するソフトは人それぞれですが、僕はmisocaとfreeeを使って自分で申告を行いました。

確定申告自体はfreeeの流れに沿って行うだけなので簡単でしたが、申告までに行う売上や経費の登録を直前にまとめて登録したのが大変でした。

今回実際に確定申告をしてみてその都度や毎月やっていたほうが良いことをまとめました。

freeeとmisocaに登録する

freeemisocaの登録がまだの人はアカウントを登録しましょう。

僕の場合は、

  • freee スタータープラン
  • misoca プラン15

で登録しています。

両方無料プランがありますが、freeeの無料プランは確定申告の際に書類を書く必要がある(有料であれば自動で発行)のとmisocaの無料プランは2ヶ月だけのお試しなので有料プランの方がオススメです。

freeeにmisocaとクレジットカードの連携を行う。※銀行口座の連携はしない。

freeeとmisocaの登録が完了したら、freeeにmisocaとクレジットカードを連携させましょう。

クラウド会計ソフトfreeeに登録したら最初にする事!「請求書作成ソフト(misoca)・銀行口座・クレジットカード」と連携させる手順

freeeには銀行口座も連携できるので初めは連携させていましたが、実際確定申告をして思ったのは銀行口座の連携はしない方が良いです。

銀行口座を連携させない理由は売上が二重で登録される可能性があったり、売上の登録が誤った日にちで登録されてしまうからです。

売上が二重で登録される可能性がある

freeeに売上を登録する方法は2パターンあります。

  1. 自動登録(連携させている銀行口座に入金があった時)
  2. 手動登録(misocaに登録した売上を手動でfreeeに登録)

1で自動登録しているにも関わらず、2の手動登録を行なってしまうと二重で売上が登録されてしまう可能性があります。

これを防ぐにはmisocaからの手動登録をしなければいいだけなので、銀行口座は連携させたままでmisocaの連携を解除すればいいと思うのですが次で説明するもう一つの理由から銀行口座の連携を解除しました。

売上の登録が誤った日にちで登録されてしまう

売上の登録は現金主義(報酬の支払いがあった日)ではなく発生主義(報酬の支払いが確定した日)です。

クライアントによっては翌末払いや翌々払いというところもあります。

銀行口座の自動連携に沿ったfreeeへの売上反映ですと入金日に反映されるので帳簿の記載としては間違った記載方法となります。

しかも確定申告は1/1〜12/31分を申告するので、年をまたぐ場合とてもややこしくなる為、銀行口座の自動連携は利用せずにmisocaからの手動登録だけに統一した方が良いです。

以上の2つの理由から、僕は銀行口座の連携をやめました。

またクレジットカードの連携も事業用のクレジットカードがあれば連携させる方が便利ですが、プライベートでも利用しているのであれば支払いが全て登録されてしまいとてもややこしいので連携させない方が良いです。

確定申告までに行うこと一覧

freeeとmisocaの登録、連携設定が完了すればあとは確定申告まで売上や支払いや経費などを登録していきましょう。

僕が実際に行なった手順一覧です。

売上の登録

通常に受けた案件はその都度登録しますが、クラウドワークスランサーズなどの他のサービスでの売上はその月の売上を月末に○月分として一括で登録します。

その都度登録してしまうとmisocaのプラン15では上限を超えてしまう可能性が高いからまとめています。

売上登録の手順流れです。

  1. クライアントに納品完了
  2. misocaに売上を登録
  3. misoca登録後すぐにfreeeに売上を連携

※手順はこちらの「請求書作成ソフトmisocaとの連携方法」を参照。

経費の登録

経費に該当する項目のうちクレジットカードで支払った経費は自動で同期されるので現金や銀行振込で支払った経費を登録します。

その都度登録するのが良いとは思いますが僕は面倒なので月末にまとめています。

経費登録の流れです。

  1. クレジットカード以外で支払った経費が発生
  2. 領収書を保管
  3. 月末にfreeeに手動で登録(上部メニュー取引→取引の一覧・登録)

経費で支払った領収書の保存方法

経費を証明するには領収書(もしくはレシート)が必要です。

ネットショッピングとリアル店舗それぞれで発行される領収書の保存方法を紹介します。

・ネットショッピングでの領収書保存方法

ネットショッピングで買い物をした場合のほとんどがpdfで領収書が発行されるので、このように毎月のフォルダを作り連番で保存しています。

領収書は確定申告時には必要なく、税務調査が行われる際に必要なのでpdf保存だけで印刷はしていません。

※税務調査が行われる可能性もかなり低いですし。

・リアル店舗での領収書保存方法

リアル店舗で発行された領収書は月ごとにファイルで保存しています。

最初は100均のファイルを使っていましたがふにゃふにゃ過ぎて使いにくいのでしっかりとした厚みのあるファイルを買い直しました。

こういうものにはケチらない方が良いですね。

こんな感じで月ごとに分けています。

領収書以外にも仕事関係の人の名刺や業務委託契約書など仕事に関するものは全てこのファイルにまとめています。

まとめ

freeeとmisocaを使ってスムーズに確定申告をする為に実際に行っている売上・経費の登録と領収書保存方法のご紹介でした。

確定申告は難しいと思われがちですがそれまでの準備をしっかりとしていれば簡単です。

その都度もしくは月末に少しずつ売上や経費の登録をしておかないと確定申告直前にめちゃくちゃ面倒なことになるので、来年から確定申告をする人は参考にして下さいね。

関連記事:

フリーランスデザイナーになって新たに開設した銀行口座・クレジットカード・会計ツール・便利サービスのご紹介

駆け出しフリーランスデザイナー・エンジニアは週2・3〜の派遣勤務との並行がオススメ!フリーランス求人エージェント紹介

 

LINE@で質問や相談、お仕事の依頼などを受け付けております。

  • お仕事の依頼をしたい。
  • 記事の内容をもっと詳しく知りたい。
  • デザイナーやフリーランスの働き方について聞きたい。
などなど何でもお気軽に連絡いただければと思います。